甘い匂いを上書きさせて

・作

藍には一緒に暮らしている義弟の柊哉がいる。ホストをやっている柊哉は必ずと言っていいほど、甘い香水とお酒の匂いをまとわせていた。寝たふりをする藍の耳を舐めながら「セックスしよ」と柊哉は今日もささやく──。

 廊下からする物音に目が覚めた。

 ただいまの時刻、午前三時。時間を確認するだけで、俺のまぶたはまた落ちる。

 ホストクラブで働く義弟の柊哉が帰って来たのだろう。

 睡魔に逆らうことなく、二度寝をしようとしたときに部屋のドアが開けられた。それでも睡魔に勝てず意識はどんどん深くなる。

 甘い香水と酒の匂いをまとった柊哉(しゅうや)が、ベッドをきしませながらささやいた。

「にーちゃん、セックスしよ」

 その言葉でさえ睡魔には勝てない。

「にーちゃん、兄貴、にーさん、おにーちゃん、兄上、お兄様ー」

 さまざまな呼び方をする酔っ払いは俺の身体に乗りかかった。

 耳にキスをしながら、わざといやらしい音をたてながら舌を耳の中に侵入させる。

 耳を執ように舐めまわされ、頭に直接届くようないやらしい音に身体が感じた。

「んっ…ぅ」

「寝てるのに耳だけで感じるなんて、俺の兄貴はやらしいなぁ」

「ッ…」

「ね、セックスしよ?」

「あっ…ッ!」

 さらにくちゃくちゃと音が響き、抑えられずに声がこぼれた。

 逃げるように柊哉の身体を押しのけると、掛け布団を引っ張る。

「しないっ」

「いいじゃん、このまんまじゃ辛いでしょ。ココ、反応しちゃってるよ?」

 柊哉は俺の身体を包み込みながら、下半身へと触れた。その手を力ずくで引き離し、丸くなる。

 確かにちょっと反応してるけど、その処理よりも今は寝たい。

「おにーちゃん」

「ヤダ」

「こんなに可愛い弟がお願いをしているのに?」

「弟とセックスなんかしねーよ。おとなしく寝ろ」

 すると柊哉は静かになり、ようやく寝ることができる。

 いい感じに身体から力が抜け、眠りにつこうとしたとき俺を包み込む腕に力が入った。

「藍、一回だけセックスしよ」

 さっきとは違う低く甘い声が吐息と共に耳に響いた。

 なんでそんなにしたがってるのかはわからないけど、こういうときはたいてい嫌なことがあったときだ。

 仕事関係の飲み会で柊哉は酒に酔うことはない。ぐでぐでになっていたのは、家に帰ってきて気が抜けたのかもしれない。

 そう思うと相手にしない…という選択はできなかった。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

甘い匂いを上書きさせてのレビュー一覧

  • 攻めが冷静すぎる

    えっっっろ←

    さん 2021年2月18日

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない ノンケ かなりえろい 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS エロい ヤンデレ 強気受け 学園 調教 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 近親相姦 健気受け

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ8322Views

  2. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ7218Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6469Views

  4. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4559Views

  5. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4230Views

  6. 一夜の戯れ

    RIKUNA4147Views

  7. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3934Views

  8. 太陽と月

    みやび3667Views

  9. 君を手に入れるために僕が犯した罪についての記録

    京野飛鳥3102Views

  10. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3039Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (14)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (9)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)