童貞女装男子はイケメンチャラ男にたべられちゃう

・作

童貞な僕の趣味は女装。休日に女装で電車に乗ると、なんと痴漢にあってしまった!しかし、痴漢をしてきたのが、好みの顔をしたイケメンお兄さん。半ば強引に連れていかれた先はラブホテル…!女装したままイケメンお兄さんとのあま~い初エッチ!

「ぼ、僕、男です」
涙目で訴えると、髪を明るい色に染め上げた綺麗な顔のお兄さんがいた。

「うん、うん~わかってるよ、立ってるもんね」
お兄さんが僕に小声で耳打ちする。

休みの日に女装で外へ出歩くことが日課になっていた。
今日は少し短めのスカートにチャレンジした。
電車に乗ったら、お尻を触られる感覚に気付いて、1駅耐えたところでその手が微かに僕の下半身に触れた。

電車の揺れで、再び手はお尻に戻っていったが、この緊張感の中で涙が出るような罪悪感を覚えて怒りとショックで拳を握った。
なのに、恥ずかしくて、嫌なのに…、自分のペニスが硬くなっていることに僕は気付いた。

―――なんで。

そう思ったら、女性モノの下着の中に手を入れられて、お尻を直接もみしだかれたから、手を掴んで振り向いたら顔の整ったお兄さんだったというわけだ。

「あ…の」

「君、えっちなんだね。ホテルいこ」
電車の扉が開く。
お兄さんが僕の腕を引っ張って走る。香水の甘い香りが鼻を掠めた。くらくらする。
手を引かれて半ば強引に車に押し込められて、ラブホテルの部屋に連れ込まれた。

*****

「電車で触られちゃって、ドキドキした?」

「は、はい…」
お兄さんは俺の立ち上がったペニスの亀頭をぐりぐりと指の先で撫でた。
スカートと、女性モノの下着はつけたままだった。
亀頭部分からたらたらと我慢汁が垂れてくる。

僕は、女装でエッチなことをしてみたいと密かに考えていた。
駄目だとわかっていても、お尻の穴で自分を慰めてしまうオナニーがやめられなかった。

「あ、あの、僕、えっちとかしたことなくて」

「大丈夫、俺アナルセックスも全然経験あるから」

「…ッあ!」

お兄さんの指が僕のアナルに入っていく。

「入口、柔らかいね。自分でいじってるの?」

恥ずかしいけど、こくこくと頷く。
可愛いとお兄さんがつぶやくと、指がぐにぐにと僕の中に入ってきた。

「んっ、ん」
入った指がゆっくりと出たり入ったりを繰り返す。
期待でひくひくと僕の穴が呼吸するようひくついた。
「ぁっきもちぃ、指…っ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9246Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7671Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6245Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4659Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4276Views

  6. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3742Views

  7. 太陽と月

    みやび3538Views

  8. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3372Views

  9. 一夜の戯れ

    RIKUNA3356Views

  10. 沈む、青い夕日

    まさを3320Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)