パンドラの部屋

・作

SNSで度々目にする、何かをしないと外に出られない部屋。それを見るたびに、こんなことあったら怖いよなと笑いあっていた二人だった。しかし、ある日目覚めてみると目の前に広がる見知らぬ光景、開かないドア。その場所から出る方法とは…。

暗闇だった目の前に突如として白色が広がった。
そう、それはまるで寝ているときに蛍光灯を点けられたかのような…。

点けられたかのような、ではない。実際に点けられたんだ。
まぶしさを感じてゆっくりまぶたを開くと、真っ白な天井に真っ白く長細い蛍光灯。

「なんだここ…俺の部屋じゃない…っ、いってぇ…」

場所を確認するために体を起こそうとすると頭に鈍い痛みが走ったため、少し背中を浮かしただけですぐにまたベッドに身をゆだねた。
おまけに気持ちも悪いし、体もだるくて仕方がない。
記憶もなんだかあやふやで……そうだ、俺は昨日幼馴染であり大学の同級生…正直、まぁその体の関係から始まって、そのまま付き合い始めた男と居酒屋で飲んでいた。
しこたま飲んで、その後は…?

「昨日、店から出てどうしたんだ…記憶がないぞ…」

痛む頭を押さえながら天井から隣に視線を移すと、ヨダレを垂らして気持ちよさそうに眠っているその幼馴染…響(ひびき)の姿が。
今度こそこの見知らぬ部屋が何なのか確かめようと、ゆっくり慎重過ぎるほど慎重に体を起こした。
そして俺は、目の前に広がっている光景に絶句した。
開いた口が塞がらないとはこのことだと思う。

「何だよ…これ…」

やっとしぼり出した言葉がこれだけだ。
これしか言えない。
だって目の前のハンガーラックと長机の上には、たくさんのコスプレ衣装に手錠や縄にムチ。
バイブやローター、ご丁寧に媚薬やローションまで店のように品ぞろえが豊富だ。
しかも、ソファ前のテーブルの上に置かれたコンビニの袋には二人分の食料と水も未開封のものが入っている。
だが、決して何にもありがたくない。

「おい、なぁ…響…起きろよ、なぁ…おいって!」

「んー…何、今日学校休みだよ…」

「母ちゃんじゃねぇんだよ俺は!…っ、頭いってぇ…いいから起きろって!なんか俺たちやべぇとこにいるぞ…」

のんきな響に思わず大声を出して頭に響いた。
立派な二日酔いだが、今はそれどころじゃないしシャレにならない。
響も昨日の酒が抜けていないようで、ぐずりながらのろのろと体を起こした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない ノンケ かなりえろい 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS エロい ヤンデレ 強気受け 学園 調教 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 近親相姦 健気受け

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ8276Views

  2. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ7183Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6460Views

  4. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4541Views

  5. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4202Views

  6. 一夜の戯れ

    RIKUNA4128Views

  7. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3917Views

  8. 太陽と月

    みやび3642Views

  9. 君を手に入れるために僕が犯した罪についての記録

    京野飛鳥3088Views

  10. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3018Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (14)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (9)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)