許嫁は狼のオジサマ

・作

宮元楓(かえで)は、親同士で勝手に決めた許嫁の影狼(かげろう)と同じ屋根の下暮らすことになった。しかしその許嫁は人ではなく中年の男性狼。ノンケの楓はもちろん拒絶して別の部屋で眠ることにした。しかしその部屋に影狼が入ってくる。思わず狸寝入りをする楓だったが、影狼は楓の体に悪戯を始める。楓は影狼のエッチな悪戯に耐えられるのか…?!

「今日から、お前はここで暮らしてもらうことになる」

影狼が言った言葉は、俺にとって納得できないものだった。

「誰が好き好んでおっさんなんかと一緒に暮らすっていうんだ!」

「おっさんだと?」

「おっさんだろ!!しかもあんた、人狼じゃないか!」

「それは問題ないと言っただろ」

「とにかく、俺は絶対あんたなんかと同じ部屋で寝てやらないからな!!」

俺は隣の部屋に布団を引きずり込んで、勢いよく襖(ふすま)を閉めた。

そうは言ったもののも、いつもと違う部屋の匂い…気が立っていた俺はすぐ眠れるわけがなかった。

仕方なく布団に入って、ぼんやり天井の木目を数えながら、さっきまでの経緯を思い出していた。

*****

今日の夕方、学校から帰ると居間に人狼がいた。

親はこの人狼が俺の許嫁だと紹介したが、第一印象は最悪だった。

だって、人狼で中年で、目つきも悪い。

ストライクゾーンに1ミリも掠っていない。

その挙句、さっきみたいな高圧的な口調、俺の大嫌いな人種だ。

*****

俺は、思い出しながらまたムカついていた。

そのとき、襖の向こうで影狼の独特の歩き方で、畳が擦れる音が聞こえた。

慌てて目を閉じると、襖が開く音の後にその足音が楓のすぐ側まで近づいてきた。

「起きてるか?」

「」

「なんだ…眠っているのか…」

よっしゃ、バレてない!

このまま狸寝入りをしていれば、影狼も部屋に戻っていくはず、と俺はたかを括った。

しかし俺の耳に思いがけない言葉が聞こえた。

「それなら安心して…悪戯ができるってことだな」

「ッ?!」

その直後、俺の唇に柔らかいものが触れる。

今のって…キス?!

混乱する俺をよそに、影狼の舌が口内に侵入してくる。

生々しい音で口の中を掻き回され、俺は寝たフリをするために抵抗せずに耐えた。

影狼の唾液が喉に伝ってきて、無意識に飲み込むと、影狼はやっと俺の唇を解放した。

すると次は頬、耳、首にキスが降ってくる。

そして唇だけのキスがだんだん舌を使っての愛撫に変わっていった。

耳の中に水っぽい感触と舌が這う音が聞こえて肩がぶるっと震える。

首を舐める感触がして、俺は必死に歯を食いしばった。

その間にも俺のパジャマの前ボタンに手がかけられる。

俺は目をきつく閉じながら、太い指がちまちまとボタンを外すのを想像して、少し噴き出しそうになる。

しかし、ボタンが1つ…また1つと外されていくのと同時に、唇と舌の感触がして背中の辺りがざわざわとあわ立ってくる。

「ッ…」

俺は思わず声が出そうになって息が漏れた。

しかし、その行動は影狼の悪戯心を煽ってしまったらしい。

影狼の指がシャツの上から乳首を軽く挟んだ。

「んッ…」
いきなりの快感に声が漏れる。

それでも目を開けずにいると、影狼は布越しに乳首にしゃぶりついた。

「ひゃあ?!」

慌てて口を抑えようとした俺だったが、影狼に肘を押さえ込まれてしまって全く動けなかった。

「ククク…」

息が荒れてきた俺を見て、影狼は楽しそうに笑い声を漏らした。

影狼が口でシャツの裾を捲ると、俺の乳首が晒された。

俺の乳首を、影狼は舌でねっとりと舐めて、そのまま吸い付いた。

俺はその快感から逃げようと身をよじった。

「ぅ…んッ…んんッ!」

それでも肘が押さえつけられたままで、まともに動けない。

「ほら、もう起きてるんだろ?」

俺は必死に首を横に振った。

「そうか」

すると影狼は俺の手首を片手で掴んで、頭上で押さえつけた。

そしてもう片手で俺の下着ごとズボンを引き下ろした。

じっくり与えられた快感で、俺のペニスはすっかり立ち上がってしまっていた。

影狼は俺のペニスの裏を優しく撫でる。

「ふッ…ぅぅッ…ふッ…」

俺は、唇を噛んで荒い息を吐いた。

「ククッ、そうだ…頑張れ頑張れ」

影狼の指がペニスの先をグリグリと捏ねる。

俺はついに耐えられなくなって目を開けた。

「ぉ、起きた!起きたからッ…や、やめろッ!!」

「なんだ…やっと音を上げたのか」

「そうだよ!だからもういいだろ!早くその手、放せッ!!」

「嫌だね」

「は?何で?!」

「もう少し早く、起きてくれれば止めてやれたのになぁ」

影狼は俺の手を引き寄せて、無理やり自らのペニスに触れさせた。

それは人のものとは比べ物にならないほど大きくて、俺は体中の毛が逆立った。

「ヒッ!!」

「残念、時間切れだ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ 同級生 エロエロ 年の差 ちょいエロ 年下攻め 胸キュン ゲイ リーマン スーツ シリアス 社会人 職業もの ドS 健気受け かなりえろい 誘い受け ツンデレ ヤンデレ 年上受け 調教 幼馴染み 学園 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音6064Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3984Views

  3. 肉体系体育教師はセラピストの強制女性化プレイに夢中!

    雷音2565Views

  4. 捕虜の戦士は魔道師に調教される

    梅雨紫2521Views

  5. 人見知り男、唇性感帯ヤンキーを拾う

    雷音2221Views

  6. それはお前だけじゃない

    赤茄子2173Views

  7. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ1794Views

  8. 恋の終わりは陽だまりの匂い

    ひとえ1792Views

  9. 調教カクテル

    アンノアンズ1780Views

  10. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1754Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • 妃くるみ (21)
  • みやび (21)
  • あめ (18)
  • 雲之シタ (17)
  • 乙倫 (16)
  • RIKUNA (16)
  • つきの (12)
  • 空野さかな (9)
  • 如月よだか (9)
  • アオイ (9)
  • Kiyoka (8)
  • 塩チーズ (7)
  • よし乃 (7)
  • 雷音 (7)
  • さゆら (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • 結城愛來 (6)
  • じん (6)
  • ささくれ (6)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ひとえ (5)
  • 桜花 (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 鬼灯 (4)
  • pou (4)
  • 風間 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • 井野 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • izumi (2)
  • 田中のぞみ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • マロ (1)
  • 葉山りん (1)
  • ai (1)
  • 匿名K (1)
  • 平野るな (1)
  • nola (1)
  • 赤茄子 (1)
  • 天乃リン (1)
  • ミタカ (1)
  • 須田 (1)
  • 翠蘭 (1)
  • くらげ (1)
  • 青山サキ (1)
  • monimoni (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • ゆゆんぽ (1)