堕ちた愚弄御曹司~性欲は金でなんか満たせない~

・作

運送会社の一人息子である奏(かなで)は職にもつかず非行に走る青年だった。親の勧めで、資産家、松永(まつなが)というおっさん宅で働くことになったのだが、その男は変態的一面を隠し持っていて…。メイド服着用で調教され、オス喘ぎの末に大洪水!!何でもありのサディスティックラブ。

「まつながぁ…それイヤだっていって…ぅん!」

股間に忍びよる手を避けるために、ベッドの端に逃げようとするが、手を伸ばしてみても無駄なようだ。わしづかみにされた両ふとももはビクともせず、俺の真下に横たわる男は、大きく口を開けて“ソレ”を急かしていた。

ソレ――俺の朝勃(あさだ)ちペニスから放出される尿を口に含もうとしているのだ。

「お前が私の使用人になってから半年か。それなのに、まだ口の利き方がなっていないとは…誰が呼び捨てにしていいと言った?私は『ご主人様』だろ」

めくり上げたフリルつきのメイド服のスカートから覗くのは、彼の趣味によって着用を義務づけられた女性用のレースショーツだ。股浅な面積に朝勃ちしたペニスが収まるワケもなく、ウエスト部分から膨れ上がった亀頭が顔を出していた。

「深く屈んで…私の口の中で扱(しご)け。昨晩は何を想像して楽しんでいたんだ?青筋まで浮かばせて…●袋もパンパンじゃないか」

股下からこちらを見やる男は、命じられるがままショーツを脱ぎ捨て、待ち構える口腔内に屈みこんだ俺の陰茎(いんけい)へかぶりついた。

「おぁっ…んおっ!!」

たまらず、低い声でうなる。

――違う。アンタが新たな制裁を加えたのが悪いんじゃねぇか。

『明日の朝、私がいいと言うまで、排泄を禁じる。万が一漏らしたり、隠れてトイレにでも行ってみろ…また屈辱を与えてやるからな』
と。この男――松永の目からは逃れることができない。
彼の術中にはまってしまった俺は、恐ろしいことに実家に軟禁されているのだ。

「まつながァ!!やめろォ!はなせぇ!」

続けざまに男はカリ首や亀頭、睾丸を責める。舌で舐めてから――なんて優しさはこの男にはない。平気で歯だって立ててくるもんだから、身体は悲鳴を上げて飛び跳ねる。

「おぁっ!あぁっ!!」
「汚く喘ぐなと何度も言い聞かせているというのに、お前ときたら…鳴くならとびきり可愛い声出してみろよ!」

松永は、自分の言いなりにならない奴を非道に扱う。

「根本までお前のち●こをしゃぶらせろ。じゃなきゃ、今度こそ本気でクビにするぞ。お前の親父とお袋、従業員はまだ面倒を見てやってもいいが…お前はオモチャ以外の使い道がないからな」
「…ぐっ!」

クビになるのだけはゴメンだ。今彼のもと…実家を離れても、独りでやっていける自信がない。俺がまともな学力や、社交性を持ち合わせない不良なばかりに、この男にすべてを奪われてしまったのだ。松永の言いなりにさえならなければ、3代まで続いた“倉持海運”も今まで通りの形を保つことができたはずだった。

「あっ!ぅう…」

彼の背後にある枕に片手をつき、重心を前に掛けて、相手が望むように口内の奥めがけ、根本までペニスを捩(ね)じ込んでやった。舌の上で先を転がされ、上あごになすりつけられ、陰茎は熱い唾液によって覆われていく。

「…もっと奥!もっと奥で出してみろっ!」

口蓋垂(こうがいすい)に当たっても苦しくないのか、松永はネバついたペニスを一端引き抜いたかと思うと、再び勢いよく咥えこんだ。今度はこちらの背後に回した手で尻を叩きながら肉棒に歯を食い込ませていく。

「んァ…!出るッ!!!」

スパンキングされる度に、俺の手首を拘束している手錠が揺れる。

その仕打ちが気持ちよくてたまらない――俺はすっかりこの男の変態的行為のトリコになっていたのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ ちょいエロ エロエロ ゲイ 同級生 年の差 胸キュン 年下攻め リーマン 職業もの スーツ シリアス 社会人 ドS 健気受け 誘い受け かなりえろい 調教 ツンデレ 幼馴染み ヤンデレ ファンタジー エロすぎ注意 学園

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 酔いどれオヤジと卑劣な親子丼

    雷音5301Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ4231Views

  3. 義兄、雌犬ト化ス

    雷音3784Views

  4. 潜入捜査官~快楽絶頂媚薬漬け~

    雷音3115Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音2163Views

  6. 新入社員の恍惚ランチタイム

    つきの2088Views

  7. 死がふたりをわかつまで?!

    よし乃1810Views

  8. 甘ったれ王子は花婿を選べない!

    雷音1675Views

  9. 加虐性癖サラリーマンはご奉仕ロボットを愛でたい

    雷音1588Views

  10. 銃痕愛~先輩おまわりさんと強制アクメ~

    雷音1492Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • みやび (21)
  • 妃くるみ (21)
  • 雷音 (20)
  • あめ (18)
  • つきの (18)
  • 乙倫 (17)
  • Kiyoka (17)
  • 雲之シタ (17)
  • RIKUNA (16)
  • よし乃 (12)
  • 如月よだか (9)
  • 空野さかな (9)
  • アオイ (9)
  • 鬼灯 (7)
  • 塩チーズ (7)
  • じん (6)
  • 結城愛來 (6)
  • ささくれ (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • さゆら (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • ひとえ (5)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ミタカ (5)
  • 桜花 (5)
  • pou (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 井野 (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • 蒼草 (2)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • izumi (2)
  • monimoni (1)
  • yuriko324 (1)
  • 五月女陸人 (1)
  • ai (1)
  • 葉山りん (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • 赤茄子 (1)
  • マロ (1)
  • 平野るな (1)
  • 菜月あかり (1)
  • ゆゆんぽ (1)
  • 天乃リン (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • nola (1)
  • 匿名K (1)
  • 須田 (1)
  • 青山サキ (1)
  • くらげ (1)
  • 翠蘭 (1)
  • 青鷺文庫 (1)