それはお前だけじゃない

・作

「ずっと、こうしたかった――」彼女に振られた幼馴染の優斗を慰めるため、部屋で酒を飲みながら話を聞いてやっていた蓮。しかし話の途中で優斗は突然怒り始め、蓮をベッドに押し倒した。嫌がる蓮に優斗は無理矢理、触れていく。

「……だから、むやみやたらと手を出すんじゃないと言うんだ」
「いやあ、大人しそうな子だったんだけどね……イテテ……」

優斗は涙目になりながら、真っ赤に腫れた頬に触れた。
カーペットに座ってローテーブルにぐったりと身体を倒し、泣き言を言う。
そんな幼馴染に、蓮は呆れた目を向けた。

「大人しい相手ならいいというわけじゃない」
「……もういいじゃん、はい、かんぱーい」
「……乾杯」

優斗が手土産に持ってきた安い缶チューハイをカツンとぶつけ合う。
蓮とは違って、優斗はゴクゴクと豪快に酒を喉に流し込んだ。
蓮はヤケ酒に興じる優斗を見て、重い溜息をついた。

「蓮は彼女作ったりしねえよな?」
「……まあ、予定はないな」
「あーよかった! 蓮に彼女なんてできた日には、俺は……うぅん……」

優斗の飲んでいる缶チューハイは、アルコール度数が高かったらしい。
一気飲みしたからか、すでに酔いが回って顔が赤くなっていた。

優斗がこうして酒を土産に蓮の部屋を訪れるのも、大学に進学してからは珍しくない。
蓮は毎回、『とりあえず付き合う』というのはやめろ、と言っているが、優斗は蓮の忠告を聞いた試しがなかった。

「蓮はなんでこんなモテるんだろ……はあ……」
「……?」

優斗はテーブルに突っ伏して、今にも泣きだしそうな顔をした。
そんな優斗の言葉に蓮は内心首をかしげる。
優斗の方こそ、すぐに次の彼女ができるほどモテるのに。

蓮は高1のときに彼女が1回できたくらいで、それきり彼女ができたことはない。
そして唯一できたその彼女とは、振られるというかたちで別れた。

「俺が女にモテてるところ、見たことあるか?」

蓮はそう笑って茶化すように言った。
すると優斗は、突っ伏していた体を急に起こして大声を上げた。

「いっつもモテてんだろうが!」
「ど、どうした急に……」
「俺がいっつもどんな気持ちであいつらと……」
「あいつら?」
「……なんでもねえ!」

優斗はそう言って、再びテーブルに突っ伏した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3825Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2523Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1990Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音971Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音628Views

最近のコメント