不機嫌な君と

・作

体液の交換で魔力の譲渡を行う、そんな世界にて。大地の魔術師トールはその日、知り合いに性交による魔力譲渡を頼んでいたが、風呂から上がると彼がいない。代わりにいたのは、かつて通った学院の同級生・セラ。不機嫌一色の彼は、先にいた男を追い出したらしい。かみ合わない会話の果て、トールはセラに押し倒されて――。

自宅のソファの上、タオルを腰に巻いただけの私。
現在、急に押し倒された展開にひどく混乱中だ。
たしか、ようやく風呂から上がり、魔力譲渡のために交わる、そういう流れだったと思う。

――ただし、相手は目の前の男ではなかったはずだ。

*****

この世界には、魔力が満ちている。その特別な力をその身に取り込み、属性の力を付加する存在を「属性魔術師」という。私は大地の魔術師だ。普段は大地の力をもって森を管理しているのだが、ときに風の魔力を必要とする。よどんだ空気の入れ替えをするのだ。

軽い操作は自前の魔力で可能だが、どうしても細かな調整が必要なときは、この身に風の魔力を譲渡してもらわねばならない。方法はキスでもいいが、性交を通じての体液の注入が一番短時間で済む。

私の場合は、そう頻度は高くない。田舎は魔術師の数が少ないから、今回も知り合いになんとか予定を空けてもらえたのに、風呂から上がると彼はおらず、なぜか目の前のこの男がいた。

「セラ、帰っていたのか。…シアンはどこへ?」

「追い出したに決まってんだろ」

美しい顔を不機嫌にゆがめて、セラは答えた。
森から離れない田舎者の私には縁がないが、ファッション誌の表紙を何度も飾っているらしく、180センチを優に超える身長と、それに見合った鍛えた体、彫刻のように整った精悍(せいかん)な顔の持ち主である。子供っぽく短気なところが玉に瑕(きず)だ。

――せっかく頼まれてくれたのに、シアンに悪いことをしたな。

「…帰ってくれないか」

傍若無人な振る舞いに、温厚だといわれる私もさすがに語気を強めた。

「帰らねぇよ。おまえがそんな恰好してるってのに」

「この格好は今しがた風呂に入ったからだが?」

「…おまえ、マジかよ」

盛大にため息をつかれた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3633Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント