その王弟、臆病につき

・作

平民のヒュールは、ある休日、困っている貴族らしき男にパンをおごった。男のとんでもない美貌に一目ぼれしたものの、身分の差にもう会うことはないと思っていた矢先、二度目の出会いは思いもよらない形でもたらされ、男の正体を知るが――。

自分を組み敷くこの男の正体を、ヒュールはもうわかっている。
「あ、あぁっ……!」
滑らかなシーツをつかんだヒュールの手に、逃げ腰の体を引き戻すように浅黒い肌色が重なる。骨ばった大きな手が、腕を滑って白い横腹をなでた。ぐぬ、と熱が奥へ突き刺さると、濡れた体が弓なりにそれ、意味のない声が喉奥から漏れて、眦(まなじり)から涙がこぼれる。ぐちゅ、という卑猥な水音に、後ろにいる男が静かに笑う気配がした。
「――きもちいい?」
小刻みに揺らされ、
「ああっ……あっ、や、んんっ、」
直腸を剛直が刺激するたび、あられもない声が喉からこぼれる。涙と汗と、何かわからない液体に濡れた顔をじっと見つめて、男はうっとりとした声で乞う。
「ね、オーリって、呼んでよ」
切なげに目をすがめた色っぽい表情に、思わず返事が遅れて――何か勘違いしたのか、男――オーリは眦をきりりと鋭くし、角度を変えて最奥を突きこむ。激しさをますピストンに、ヒュールはたまらず声を震わせた。
「あっ、ああんっ、よぶっ、呼ぶからっ、あん、おーり、オーリ…も、だめ、だめ、ああっ」
「いい子のヒュールにご褒美あげないとねっ、奥、たくさんついてあげるっ…!」
がつがつと揺さぶられ、再び高みへと昇っていく。
「っ、は、だめ、だめ、出る、でるっ、っ――ああぁああっ!」
同時に熱いものが奥へ叩きつけられた。もう何度となく味わった熱は、まだ終わらない。どさっと覆いかぶさるように、オーリの汗に塗れた体が密着する。首筋を舌が舐め、乱れた息が耳元で甘く響く。
「あ、ん、まだ、出て…」
「ん、ヒュールの中、気持ちよくて、……」
身をよじるが、なかなか出ていこうとしない。すり、と腰を押し付けられて、切っ先が角度を変えた。弱い一点をかすめて、ヒュールの喉から甘い息が漏れる。きゅっと締め付けを感じて、オーリのものが芯を取り戻す。
「えっ、あっ、もう、も、だめ、」
「――ごめん、もう一回ね」
かけらも悪いと思っていない声が、耳元に落ちた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ゲイ ほのぼの エロエロ 切ない ノンケ 胸キュン ちょいエロ 年の差 同級生 年下攻め リーマン 職業もの 誘い受け シリアス スーツ ドS 健気受け 社会人 調教 幼馴染み ツンデレ ファンタジー エロすぎ注意 かなりえろい ヤンデレ 鬼畜

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 配達員は淫乱双子に惑わされて

    雷音4941Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3408Views

  3. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音3155Views

  4. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ2828Views

  5. 初恋アバンチュール

    花園ミツ2199Views

  6. 初体験は玩具でした

    なないろ1936Views

  7. 満月の夜、秘密のお散歩

    皐月亭冥1931Views

  8. おじさんたちは今日もらぶらぶ

    noroko1656Views

  9. 陰キャな部下は隠れビッチ!今日も俺の下で欲しがっている

    なないろ1435Views

  10. 加害者屈服~ペニバンに堕ちた犬

    雷音1415Views

最近のコメント

  • セキ on 抵抗してみて?尊い
  • ヨシキ on 泡まみれ~新人ソープくんは優男ボーイに絆されて~素敵です!! 最初澪くんの切実さとコンプレックスが可愛いな…と思って拝見していたのですが玲さんの優しいこと…!🙏✨ 玲さんも澪くんにソープ嬢をさせること自体嫌だけど、せめて本番だけでも守るため…という気持ちからの研修なんですよね😂 一目惚れからそこまで守りきろうとする玲さんにときめきです…!❤️‍🔥 特に好きだったのが澪くんが必死のアピールをするために玲さんのお顔にその巨乳を押し付けたところです…!! 可愛すぎませんか…!!❤️‍🔥❤️‍🔥 この2人には幸せになってほしいです✨
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに そしてあおいをハヤトサン幸せにして〜
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに
  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる