あなたの薬指が許せない

・作

俺たち、どんどん友達のフリが上手くなっていくね。俺・樹はバイト先の社員に恋をした。その社員であり大切な恋人・裕我には妻がいる。こんな関係間違ってる、わかってるけど止められない。いつも薬指に光るリングを見る度に罪悪感と嫉妬がうずまいてく。

「もしもし〜」

「珍しいじゃん。どしたの?」

「少し会えないかなって」

「あっ、いいよ。いつものとこに 待ち合わせでいい?」

平日に会えるなんてこんな珍しいことはない。俺は柄にも無く楽しみで仕方がなかった。
待ち合わせ場所に着けば、もう裕我はビールを飲んでいた。

「あー樹くん、何飲むー?」

少し早足で歩いたせいでなのか、この人の顔を見たからか心拍数上がる。

「じゃあ、俺もビール飲もうかな」

「弱い癖に。嘘つきめ」

そんな嘘つきにはこうだ!なんて頬を引っ張るからしかめっ面をしながら店員さんにココアで、と頼んだ。

店員さんが去った後、個室のここは2人きりの空間。
さらりと後ろに回った裕我は後ろから俺を抱きしめながら、酔った樹をぶち犯すとか最高だな。
なんて囁くから腕を叩いた。

するりと離れるとなんの顔色も変えずビールを飲み干した裕我。

「言いたい事あるんだ。樹もわかってるだろ?最後まで聞いて?」

「なっ…」

タイミング悪く店員さんが来てしまった。
知ってるんだ。俺だって馬鹿じゃねぇーし。
その後のココアの味なんて全然覚えてなかった。

「何も言わないで…」

ゆっくり唇が重なる。苦い。俺がビールそんなに好きじゃないのわかってるから、顔面にキスを振らせてくる。

「その八重歯見せて笑うの、誰にも見せないで…」

チュッ、とリップ音を立てて離れてく温度。

ずるいよ。ずりぃわ裕我。
俺そんないい子になれないよ。

裕我の携帯が鳴った。

「出なくていいの?」

思わず言ってしまった。

「そうだね。…もしもし?」

その後すぐ帰ってしまった。言わなきゃよかったなんて、バカらし。
その日はなんだか寂しかった。

*****

いつも通り大学に通う。メッセージを受信しました?

次の土曜日会わない?というメッセージ。

裕我からだ。
もちろんおっけーに決まってんじゃん。
授業中とか関係なしに返事をした。

「いつきーごめん待った?」

「全然だよ、あっ、お久しぶりです」

となりの女の人に挨拶をする。

『お久しぶりだね樹くん、いつも裕我がお世話になっててごめんね?飲んだらうざいでしょー?』

「いやいや、そんなことないですよ」

笑ってるけど腹の中ではお前に裕我のなにがわかんのって怒りしかなかった。
あれよあれよという間に終電の時間。

「俺、そろそろ終電なんで」

「あっ、じゃあ出ようか!」

どんどん友達のフリが上手くなってく。
もうそんな関係じゃなくなってしまってんのに。

「すみません駅まで来てもらって」

『いいのよ!じゃあ、またね』

「またな裕我くん!」

背を向けて歩いてく2人。そうだよな。
こんな俺なんかよりあの2人の方がお似合いだ。
かかとを返しかけた瞬間裕我が振り向きざま俺にまたねと笑顔で口パクした。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2231Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント