この夜が明けませんように

・作

ライとフウは幼馴染で、それぞれが王族の家系と仕える騎士の家系という関係だった。そのため、幼いころから二人で遊ぶことも多く、フウは将来、ライのための騎士になると心に決めていた。しかし、フウの心の中にはそれ以外にも彼に対する恋心があった。そうして今日は、ライがいいなずけと結婚する日であった。

幼いころから僕、フウはライと一緒に過ごしていた。

僕は彼のための騎士として、ライは将来この国を担う王として。

二人は同じ王宮で学び、ときにいたずらをして叱られるような日々を過ごしていた。

ライは本当にまっすぐで勇敢な性格だった。

「将来はお父様みたいな王様になるんだー!」

と勉強に励み、剣術も磨いた。

勉強自体はあまり得意ではなかったものの、僕や先生に必死に張り付いて毎日教わっていた。

僕自身はどちらかといえば剣術よりは勉強が得意な方だったので、よく勉強でわからないことを聞かれることもあった。

「フウ!ここわかんないから教えてー!」

「いいですよ」

そんな彼の姿を、僕はずっと隣で見守り続けてきた。

彼は本当にまっすぐで、優しくて、王になるにふさわしい人物だった。

 

*****

そうして成長した彼は、父親に代わり王様になることが決まった。

王子として毎日街の人とふれあいを欠かさず、ときにはドジを働くこともあるが、そこも親しみやすいと彼は本当に人気だった。

僕も少しずつ実力を高めて、彼の一番の騎士になることができた。

けれど、この許されない思いだけは変わらなかった。

(ライ様、あなたが好きです。例え、あなたに結婚を約束した方がいたとしても――)

ライには父親に決められた結婚相手がいた。

それは隣国のお姫様であった。

かわいらしい見た目をしており、戦いは好まない、淑女であると聞いている。

とても素晴らしい人で、国民皆から愛されており、今回の縁談も両国ではとても素晴らしいものだと皆喜んでいた。

今日は二人が誓いを交わす、祭りの前日の夜であった。

僕は一人、ライ様の部屋を訪ねる。

「お邪魔します」

「お。フウ、来てくれたか」

ライは紅茶をいれると、机の上に置いた。

僕は乾いたのどを潤すように、紅茶を流し込み、ライ様の方によって行く。

「…」

僕はライ様を無言でベッドに押し倒す。

ライ様はどこか、すべてをわかり切ったような表情をして、僕の口づけを受け入れた。

くちゅ、くちゅ、と僕の下がライ様の口の中をはい回る。

ライ様は「…っ」と少し顔を赤らめながら、それを受け止める。

僕は唇を離して、聞いた。

「どうして、受け入れてくれたんですか」

涙がこぼれてきた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3825Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2516Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音970Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音627Views

最近のコメント