月と太陽は巡り合えない

・作

人気アイドルグループ「コスモ」に所属する俺、太陽(たいよう)はマネージャーの天満(あまみ)に秘かに恋心を抱いていた。天満もブレイクできなかった元アイドルで、昔から一緒に夢を語り合ってきた大切な相棒。ある日、彼から心に決めた相手ができたという話をされてしまい…。

俺はアイドルになることを夢見て、努力を続けて今や「コスモ」というグループのセンターを務めることができるところまできた。

俺自身、売れたことが奇跡のようで今でも信じられない。

それもこれも、俺たちと一緒に頑張り続けてくれたマネージャー、天満のサポートも大きかった。

*****

天満も昔は一緒にアイドル養成所で光り輝くステージを目指して、頑張っていた。

「俺、絶対テレビに出てお客さんの前で歌うんだ」

「太陽らしいなぁ」

「天満は?」

「僕は…できたら、いいなぁ」

*****

そんな話をしたこともあった。けれど、コスモのメンバーに選ばれず、そのまま彼は養成所をやめてしまった。

大学を卒業していたこともあり、事務所の社長にうちでアイドルのプロデュースをしないかと誘われ、マネージャーになり、今に至る。という感じだ。

ある日、彼から珍しく飲みにいかないかと誘われた。

「話したいことがあってさ」

何だろうと思いつつ、俺は久しぶりの飲みが嬉しくて快諾した。

*****

2人きりの個室で酒と食事が運ばれてくる。

初めは今の仕事の話で盛り上がりながら、食事に舌鼓を打つ。

「んで、なんだよ。話って…」

「いや、さ。俺、結婚することになりそうなんだ」

と言って、女の子と2人の写真をスマートフォンで見せてくれた。

元気そうで、かわいい女の子だった。

「…あっ、そっか。そうなんだ、おめ、でと…」

俺は素直に喜んであげることができなかった。それもそうだ。俺はこいつのことが養成所のころから恋愛的な意味で、好きだった。

一緒に頑張ってきて、夢を語り合った大切な相棒。

ずっと一緒にいて、支えてくれたこいつのことが好きだった。でも、そんなこと言えるわけがなかった。立場、性別。すべてが邪魔になった。

ふと、ぽろぽろと涙がこぼれだしてきた。俺のため込んでいた気持ちが濁流みたいに噴出した。

「あのさ、天満。一つだけ、お願いが、あるんだ…」

俺はか細い声でそう言った。彼は、俺の気持ちを察していたみたいに悲しそうにほほ笑んだ。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3825Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2523Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音970Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音627Views

最近のコメント