生意気な根暗がかわいくてたまらない

・作

隊の成績で1位を取るのもたやすいこと。仲間の統率を取るのだって愛想をふるまえば簡単。自衛隊に所属する俺、和(かず)は、配属が一緒になった根暗の次郎(じろう)が気になっていた。ある日、あいつがこそこそと倉庫に行くものだから、俺は興味本位で何をしているか覗いてみた。

俺は自衛隊のとある部隊に所属するしがない隊員の一人だ。

部隊の成績はいつも1位だった。仲間の統率を取ることも決して難しくはなかった。

退屈だった。みんなが俺に笑顔で接してきて、俺は仮面をつけた笑顔を振りまく。

けれど、そんな中に一人だけ俺に対して全く笑顔を浮かべないやつがいた。

それが、同じ配属の次郎(じろう)だった。

*****

みんながわいわいとレクリエーションとしてスポーツをやると騒いでいるので、俺は笑顔で「お前も一緒にやろうぜ?」と誘う。

すると、彼はチッ、と聞こえるような舌打ちを俺に一つすると「断る」と言って席を立ってどこかに行ってしまった。

あんな対応をしてくる奴は今まで初めてだった。

*****

ある日、部隊の成績を見つめた後、その場を、爪をギリギリと噛みながら去っていく次郎を見かけた。

(あいつ、何しに行くんだろ)

俺は興味本位でついていく。すると、アイツはロッカールームの中に入り、隊服を片手にきょろきょろと周囲をうかがいながら、どこかへと向かっていった。

(へぇ、面白そう)

俺はアイツについていくことにした。

*****

アイツは敷地内の倉庫に一人で入っていくと、鍵を閉じる。

中で何をしているのか、気になった俺は倉庫の下にある窓をこっそりと開き、そこから彼の様子をのぞき見した。

「っくぅっ…ふうっ…あんっ…!」

俺は思わず言葉が出なかった。あいつは一人きりで、倉庫で自慰行為をしていたんだから。

そして、彼の視線の先には俺の隊服が置いてあった。

「…えっ?」

しかし、同時に俺の胸がなぜか高鳴るのを感じた。そして、気が付いた。

自分のものが硬さを増していっていることに。

ゾクゾクとした感覚が背筋を走り、ズボンに小さな山が浮かび上がる。

俺は我慢ができなくなってしまい、履いていたズボンとパンツをずるりと下ろした。

鍛え上げられた下半身が姿を現す。そして、自分のものははっきりと、溜め込んでいた何かを吐き出したそうに主張をしていた。

「あぁ、そっか」

俺、今まで誰かに愛されてばっかりで、あんな奴と会ったことなかったからな。

はっきりと、あいつが好きなんだと自認した俺は、自らのものに手を伸ばした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3632Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント