ブラックコーヒーにミルク

・作

会社員であるサワタリケイゴは、ほぼ毎日のように通う喫茶店があった。美味しいコーヒーに美味しい食事は、ケイゴの心の拠りどころだった。しかし、喫茶店へ足繁く通う本当の理由は、コーヒーでも食事でもなく、〝彼〟の存在だった。彼との熱い情事が、ひと夏の思い出に変わる。

「どうぞ」

そっと机の上に置かれたコーヒーカップと、それを持ってきた店員を交互に見ると、その店員はにこりと笑った。

「そろそろ、おかわりが欲しいころかと。ブラックですよね」

「ああ、ありがとう。ちょうど頼もうかと思っていたんだ」

ここは週に4回ほど通っている喫茶店だ。

テーブル席がふたつに、カウンター席が八つ。

私は窓際の二人席で、ビジネスバッグと対面している。

豆には強いこだわりを持つ店主がいれたサイフォン式コーヒーの香りを吸い込んで、私はカップを口につけた。

苦くて熱い液体が喉を通るのを感じる。

会社帰りにたまたま寄ったこの場所のナポリタンとコーヒーは絶品で、気づけば足繁く通うようになっていた。

しかし、私がここに来るのは、ナポリタンとコーヒーだけが理由ではない。

カップに口をつけたままそっとカウンターを見ると、先ほどの店員と目が合う。

彼が涼しげな目で笑うものだから、私は思わずカップを落としそうになった。

——彼だ。

私がこの店に通う一番の理由。

白と青のストライプのシャツに、黒いパンツ、茶色いエプロンを纏う彼は、初めて会った日から私を見透かしたような目をしている。

「ソウタ、もう休憩していいよ。課題あるんだろう」

白いヒゲをたくわえた60代の店主が、彼に言った。

ソウタと呼ばれた彼は、もう終わったから大丈夫だよ、と優しく笑っている。

彼の名前はソウタといい、美大に通う学生らしい。

夏休みの間この店の手伝いをしていることは、叔父である店主から聞いた。

本当にいい子でね、と彼と同じ目をして笑う店主が印象的だった。

彼のことはそれしか知らない。

私は毎回、この店で軽食を食べたあと、コーヒーを2杯飲んで家路につく。

彼も私のことをそれしか知らないだろう。

「ごちそうさま」

カタカタと音が鳴る古いレジで会計を済まし、私は店を出た。

シャララン。ドア上部に取り付けられたチャイムが心地よい。

「ありがとうございました、またお待ちしております」

彼がにこりと微笑むと、私は胸が痛くなるのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 切ない 社会人 ノンケ 無理矢理 ほのぼの エロい 同級生 年下攻め 年の差 かなりえろい シリアス スーツ 年上受け ツンデレ 幼馴染み ドS ヤンデレ エロエロ 学園 調教 強気受け エロすぎ注意 胸キュン ゲイ メガネ 健気受け 監禁 誘い受け

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ6818Views

  2. 淫舌な成功報酬

    アンノアンズ6633Views

  3. その借金、カラダで返します!

    アンノアンズ5813Views

  4. 編集担当との再現セックスが官能小説家に与えた感情

    妃くるみ3910Views

  5. シャワールームで起こした大胆で淫らな行動

    妃くるみ3117Views

  6. 恋に沈む~監禁14日目~

    アンノアンズ2921Views

  7. 絶倫同棲~リモートワークは誘惑だらけ~

    アンノアンズ2854Views

  8. 濡れ堕ちた先の結末は

    みやび2274Views

  9. あふれる愛をささやくのは

    稀木瑞1928Views

  10. 君に与えるアメとムチ

    稀木瑞1923Views

最近のコメント

作家一覧

  • アンノアンズ (24)
  • 稀木瑞 (24)
  • 京野飛鳥 (23)
  • みやび (21)
  • まさを (17)
  • RIKUNA (16)
  • 妃くるみ (13)
  • 如月よだか (9)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 風間 (3)
  • 雪池 (3)
  • 菜月あかり (1)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)