夜の帳のうつろい

・作

庸介(ようすけ)は男色をたしなむ男だった。隠していたわけではないが、それは噂となり商い仲間の平太(へいた)の耳にも届いた。そして平太は言った。「オレのも扱いてみて」と。興味本位での言葉だったが、庸介の手腕に鳴かされた平太は──。

 床にぽとりと零れる透明な雫。親しい商い仲間である平太の、成熟し始めた体──緩む口から、赤く腫れた性器から、ハリのある肌をもつ体中から──芳醇(ほうじゅん)な液体が分泌され、そしてそれが溢れていた。
 ツルリと膨らむふちの下のくびれを、指先でこする。平太は、びくん、びっくんっ、と身震いをした。俺の袖を左手で掴み、右手はまるで赤子のように口元に添えている。背中は猫のように丸まり、平太の勃起を上下に摩擦するたびに弾かれたように震える。俺との間に吐き溜められる吐息は夏の空気のように湿って熱い。

「庸助、もういい、あとは自分でするから、っ」
「今頃なにを。もう少しで果てるだろう。ほら、俺の手は気持ちいいだろう」
「やめ、そういうこと言うな……んッ」

 そう言いつつも平太のはちきれそうなくらいに腫れたソコは、ぬるぬるとした液体を先端からさらに溢れさせていた。俺の下半身も痛いくらいに膨張していて、自分のを扱いているつもりで平太のモノを擦ってやった。
 さっきまではちょいとイジワルしてやろうと、焦らし気味にしていた。しかしそろそろ俺の自身のも果てさせてやりたい。肉棒に絡みつくような扱き方から、根元から先っぽへ、精を誘導してやるように扱いてやった。亀頭でぐるりと手をひねり、葡萄(ぶどう)をもぎとるようにして先端を刺激してやる。するとさっきよりも平太の体はうねうねと快感に波打った。

「ひっ、なに、急に激し……っ」
「これが俺のやりかた」
「お前、いつもこんな、ンッ、あ、まって、イく、イきそ、あ、あぁ──ッ」

 どぴゅっと熱い液体が尾を引いて放たれた。寝巻の白よりも色が濃いような。腹のあたりにかかった精液を見て、そう俺は思った。

「変な誘いをするんじゃなかった……」

 背中から布団に倒れ込み、息を乱しながら平太は言った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3632Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント