最後の共寝

・作

「──親友という関係は、今日かぎりで終わりになりそうだ」俺はルキを半ば無理矢理に抱きながら、そう思った。共に食事をとり、眠り、川沿いを散歩して暮らしていた、俺とルキ。だが、人間がルキを飼うことになった。それでも、俺はルキに会いに行った。それも今日までだと覚悟をして。

 忍び込むために開けた窓から、夜風が吹き込んできた。その風が、白いシーツの上で乱れる男の肌を冷やした。

 髪を乱して寝ころぶ男の潤んだ瞳に、自分の顔が映っていた。それはまるで飢えたケダモノみたいで、浅ましいなと思いつつ、思わず気が昂った。

「っ、あッ、ん」

 潤む瞳を細めて、媚びるような嬌声が発せられた。それには荒い息が混じっていた。余裕のなさが表れているのだろう。

 蕩けた表情をしていて、男だというのに異様な魅力を放っていた。

 その男、ルキは溺れるように体をくねらせ、枕に後頭部を埋めて快楽を享受している。

 いつもならピンと立ち上がっている耳は、与える刺激にあわせてピクピクと震えていた。

 唇は緩みっぱなしで、端からは唾液が垂れている。タラリと雫になって落ちるそれが、新品の首輪の溝に流れ込んでいた。

「もっと、やさしく、して、よぉ……っ」

 焦点の合わない視線で、ルキは甘く懇願した。

「かわいいなあ、ルキ。でも、ごめんな。俺はもっとその顔が見たいんだ……。これでも優しくしている方なんだ。わかってくれ」

 さっきルキと口付けをしたとき、俺は思わずその唇を離したくなくて、彼の首を握ってしまった。
 どこに触れればいいか、わからなかっただけだ。彼がまさか、あんなにいじらしい態度で俺を迎えるなんて、思ってもみなかったから。それを離したくなくて、捕えてしまった。

 あのときのルキの表情を思い出すだけで、後悔と興奮にぞくぞくした。
 今も眉根を寄せて喘ぐルキに、ぞくり、と背筋から性器にかけて荒々しい熱が走る。

 腰を進めれば、ぐぷ、と濡れた音がして、ルキの細い喉から甲高い声が漏れでた。

 そのまま奥を突いてやれば、彼は気持ちよさそうに喘ぎながら、侵入している肉塊を絞めつけた。

「んああぁ、あ、ぅ」

 濡れた唇から、白い犬歯が覗いている。声を抑えるように口を閉じられれば、その白い尖りは下唇の肉に、ふに、と埋まった。緩んだ口元が血を滲ませることはなさそうだ。

 ──親友という関係は、今日かぎりで終わりになりそうだ。

 ルキとは野良として出会った。出会った頃は、まだルキはひょろひょろとした体つきだった。一緒に飯を捕り、草陰に眠り、川沿いを散歩して暮らした。

 いっそのこと、その先の関係になりたい。いつしかそう思うようにもなった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ 同級生 エロエロ 年の差 ちょいエロ 年下攻め 胸キュン ゲイ リーマン スーツ シリアス 社会人 職業もの ドS 健気受け かなりえろい 誘い受け ツンデレ ヤンデレ 年上受け 調教 幼馴染み 学園 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音6214Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3958Views

  3. 捕虜の戦士は魔道師に調教される

    梅雨紫2569Views

  4. 肉体系体育教師はセラピストの強制女性化プレイに夢中!

    雷音2532Views

  5. 人見知り男、唇性感帯ヤンキーを拾う

    雷音2305Views

  6. それはお前だけじゃない

    赤茄子2087Views

  7. 我慢しないで声出して

    青山サキ1841Views

  8. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ1815Views

  9. 恋の終わりは陽だまりの匂い

    ひとえ1807Views

  10. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1781Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • 妃くるみ (21)
  • みやび (21)
  • あめ (18)
  • 雲之シタ (17)
  • 乙倫 (16)
  • RIKUNA (16)
  • つきの (13)
  • 空野さかな (9)
  • 如月よだか (9)
  • アオイ (9)
  • Kiyoka (8)
  • 塩チーズ (7)
  • よし乃 (7)
  • 雷音 (7)
  • さゆら (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • 結城愛來 (6)
  • じん (6)
  • ささくれ (6)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ひとえ (5)
  • 桜花 (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 鬼灯 (4)
  • pou (4)
  • 風間 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • 井野 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • izumi (2)
  • 田中のぞみ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • マロ (1)
  • 葉山りん (1)
  • ai (1)
  • 匿名K (1)
  • 平野るな (1)
  • nola (1)
  • 赤茄子 (1)
  • 天乃リン (1)
  • ミタカ (1)
  • 須田 (1)
  • 翠蘭 (1)
  • くらげ (1)
  • 青山サキ (1)
  • monimoni (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • ゆゆんぽ (1)