最後の共寝

・作

「──親友という関係は、今日かぎりで終わりになりそうだ」俺はルキを半ば無理矢理に抱きながら、そう思った。共に食事をとり、眠り、川沿いを散歩して暮らしていた、俺とルキ。だが、人間がルキを飼うことになった。それでも、俺はルキに会いに行った。それも今日までだと覚悟をして。

 忍び込むために開けた窓から、夜風が吹き込んできた。その風が、白いシーツの上で乱れる男の肌を冷やした。

 髪を乱して寝ころぶ男の潤んだ瞳に、自分の顔が映っていた。それはまるで飢えたケダモノみたいで、浅ましいなと思いつつ、思わず気が昂った。

「っ、あッ、ん」

 潤む瞳を細めて、媚びるような嬌声が発せられた。それには荒い息が混じっていた。余裕のなさが表れているのだろう。

 蕩けた表情をしていて、男だというのに異様な魅力を放っていた。

 その男、ルキは溺れるように体をくねらせ、枕に後頭部を埋めて快楽を享受している。

 いつもならピンと立ち上がっている耳は、与える刺激にあわせてピクピクと震えていた。

 唇は緩みっぱなしで、端からは唾液が垂れている。タラリと雫になって落ちるそれが、新品の首輪の溝に流れ込んでいた。

「もっと、やさしく、して、よぉ……っ」

 焦点の合わない視線で、ルキは甘く懇願した。

「かわいいなあ、ルキ。でも、ごめんな。俺はもっとその顔が見たいんだ……。これでも優しくしている方なんだ。わかってくれ」

 さっきルキと口付けをしたとき、俺は思わずその唇を離したくなくて、彼の首を握ってしまった。
 どこに触れればいいか、わからなかっただけだ。彼がまさか、あんなにいじらしい態度で俺を迎えるなんて、思ってもみなかったから。それを離したくなくて、捕えてしまった。

 あのときのルキの表情を思い出すだけで、後悔と興奮にぞくぞくした。
 今も眉根を寄せて喘ぐルキに、ぞくり、と背筋から性器にかけて荒々しい熱が走る。

 腰を進めれば、ぐぷ、と濡れた音がして、ルキの細い喉から甲高い声が漏れでた。

 そのまま奥を突いてやれば、彼は気持ちよさそうに喘ぎながら、侵入している肉塊を絞めつけた。

「んああぁ、あ、ぅ」

 濡れた唇から、白い犬歯が覗いている。声を抑えるように口を閉じられれば、その白い尖りは下唇の肉に、ふに、と埋まった。緩んだ口元が血を滲ませることはなさそうだ。

 ──親友という関係は、今日かぎりで終わりになりそうだ。

 ルキとは野良として出会った。出会った頃は、まだルキはひょろひょろとした体つきだった。一緒に飯を捕り、草陰に眠り、川沿いを散歩して暮らした。

 いっそのこと、その先の関係になりたい。いつしかそう思うようにもなった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2013Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1015Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん599Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント