美大生との一夜の契り 〜先生の裸、見せてください!〜

・作

芸術家の前沢優希は、美大に研究室を持っていた。そのアトリエで、教え子の佐々木篤哉がスランプに陥っているのを発見する。夜も深い時間に、前沢は篤哉の悩みを聞き出すが、それは現在作っている裸像の質感が表現できないことだった。前沢は篤哉に裸を見せて欲しいと懇願される。

 越前美術大学の秋は、芸術の秋だ。文化祭にグループ展、多くのコンペが開催され、学生たちは各々の創作活動に勤しむ。名前の売れている学生は個展を開き、これをきっかけにプロとしてより名を馳せる。

 そんな、祭り独特の空気に浮き足立ちながらもどこか緊迫感の漂う学内で、一つだけ異様な雰囲気を醸し出している部屋があった。

 『前沢研究室』。

 リアリティのある作風で一斉を風靡した、前沢優希講師の部屋だ。アトリエは研究室に所属している学生に解放され、感化されながらも「前沢越え」を目指す学生たちが凌ぎを削っている。

 午後10時、制作に追われている学生もそろそろ帰ったであろう時間帯に、研究室のアトリエには明かりがついていた。

「おーい、まだ誰かいるのか?」

 所属している学生が居残っているのかと、前沢は声をかける。すると、「うう…」という呻き声が聞こえてきた。

「篤哉か」

 粘土像の隙間から覗いた顔は、そろそろグループ展ではなく個展を開いてもいいのではないかと評価されている、立体を得意とする学生の佐々木篤哉だった。

「先生……無理ですぅ~~!!」

 張り詰めていたものがプツンと切れたのだろう。蒼白な顔で目にいっぱいの涙を溜めた篤哉は、弱音を吐き始めた。

「そもそも俺なんかがグループ展の目玉になれる訳がないんです! この粘土像も全っ然…こう…エロスがない!! 質感がクソ!! 全然生きているように見えない!」

「お、落ち着け…とりあえずコーヒーでも飲むか? うわっ! 顔色悪いな! お前飯食ってないんじゃないか? 冷蔵庫になんかあるはずだから!」

 さめざめと泣く篤哉を研究室の椅子に座らせると、砂糖とミルクをたっぷりいれたコーヒーを用意し、マグカップに注いでやる。

「なんか腹に入れたら落ち着くから。これでも食べながら、なんでそんなに行き詰まってるのかふたりで考えてみよう」

 学生の誰かが差し入れで持ってきてくれたコンビニのシュークリームを差し出して、自分もコーヒーを注ぐと向かいに椅子を引いて座った。篤哉はぐすぐすと鼻を鳴らしていたが、前沢に再度シュークリームを勧められると、律儀に「いただきます」と言って食べ始める。

「おいひい…」

「疲れてるんだろ? 糖分は気持ちを柔らかくしてくれるからな。もう一個食うか?」

「…いただきます…」

 コーヒーを二口すすると、2つ目のシュークリームに手を伸ばす。段々と体の緊張が解けてきたのが見える。よし、悩みを聞くならこのタイミングだろう。

「なあ、どうしたんだ? お前の立体物はいつもすごいぞ。良く『第二の前沢』なんて言葉を聞くけど、十分オリジナリティがあるし、大胆さと繊細さを併せ持ってる。周りが色々言ってプレッシャーに感じるのは解るけど、もうちょっと自由に作ってもいいんじゃないか?」

 よし、我ながら講師らしいことを言った。美術家としても後進を褒め称えるパーフェクトな回答だ。

「…納得がいかないんです」

「何にだ? 表情か?」

「その…えっと…」

 指についたクリームを舐めながら、篤哉は急にオドオドし始めた。しかし決心したかのように、はっきりと口にする。

「肌の質感に納得がいかないんです」

「肌?」

「こう…今回の作品は、ただ座って笑ってるだけなのに色気が漂うような裸像にしたいと思っていて…。でも、その…裸像のモデルになっているような年齢の男性の肌、ちゃんと見たことがないんです…」

 篤哉は確か、つい最近母親が再婚している。幼い頃に母子家庭で育てば、大人の男性の肌を目にしないことはあり得るだろう。

「そうか…。裸像のモデルは何歳ぐらいなんだ?」

「さんじゅう…ご? より上だと思います」

「『思います』?」

「さ、三十代後半です!」

「そうか。じゃあ俺と同じぐらいだな」

 前沢が斜め上を見ながら思案していると、篤哉がぐっと息を呑んで、こちらを見つめてきた。

「…どうした。」

「…っ、先生、お願いがあります…」

 嫌な予感がする。そしてそれは的中するのだった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ 同級生 エロエロ 年の差 ちょいエロ 年下攻め 胸キュン ゲイ リーマン スーツ シリアス 社会人 職業もの ドS 健気受け かなりえろい 誘い受け ツンデレ ヤンデレ 年上受け 調教 幼馴染み 学園 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音6207Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3958Views

  3. 捕虜の戦士は魔道師に調教される

    梅雨紫2569Views

  4. 肉体系体育教師はセラピストの強制女性化プレイに夢中!

    雷音2532Views

  5. 人見知り男、唇性感帯ヤンキーを拾う

    雷音2305Views

  6. それはお前だけじゃない

    赤茄子2087Views

  7. 我慢しないで声出して

    青山サキ1841Views

  8. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ1814Views

  9. 恋の終わりは陽だまりの匂い

    ひとえ1804Views

  10. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1781Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • 妃くるみ (21)
  • みやび (21)
  • あめ (18)
  • 雲之シタ (17)
  • 乙倫 (16)
  • RIKUNA (16)
  • つきの (13)
  • 空野さかな (9)
  • 如月よだか (9)
  • アオイ (9)
  • Kiyoka (8)
  • 塩チーズ (7)
  • よし乃 (7)
  • 雷音 (7)
  • さゆら (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • 結城愛來 (6)
  • じん (6)
  • ささくれ (6)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ひとえ (5)
  • 桜花 (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 鬼灯 (4)
  • pou (4)
  • 風間 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • 井野 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • izumi (2)
  • 田中のぞみ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • マロ (1)
  • 葉山りん (1)
  • ai (1)
  • 匿名K (1)
  • 平野るな (1)
  • nola (1)
  • 赤茄子 (1)
  • 天乃リン (1)
  • ミタカ (1)
  • 須田 (1)
  • 翠蘭 (1)
  • くらげ (1)
  • 青山サキ (1)
  • monimoni (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • ゆゆんぽ (1)