スイーツみたいに甘い彼

・作

消防士の環はスイーツの食べ歩きが趣味で、立ち寄った評判店でパティシエの有起哉と出会った。ゲイであることを隠して有起哉の店に通っていたが、意を決して自宅に誘うと、有起哉も環のことを憎からず思っていて……。

 環(たまき)は、夜勤明けに『カフェ・ド・パルマ』に行くことを楽しみにしている。四日に一度だけ訪れるこの店は、楽園だ。そして目的はもうひとつ。

「あ、環さん来てくださったんですね!」

 パティシエの有起哉である。

 出会いは約一年前。まだ環が新人時代に、自分へのご褒美だと、遠くの店まで足を伸ばした時のこと。

 評判店なだけあって、ディスプレイのケーキはどれも美味しそうだった。いくら環が大柄だといっても、頑張ってせいぜい3個。真剣に考えていると、後ろから声がかかった。

「あの、ケーキお好きなんですか?」

「あ、ごめん! 今決めるから」

 慌てて注文し、トレイを受け取ると、後ろから先ほどの声の主が相席を頼んできた。男のトレイに並べられているケーキは3つ。どれも美味しそうだ。男は、にっこりと笑った。

「よかったら、お互いに半分ずつ食べて、6種類味わっちゃいませんか?」

 これが有起哉との出会いだったのだ。

 その後二人は打ち解け、環の方は夜勤明けに有起哉の店へ寄ることが日課になった。
 環が有起哉に警戒心を抱かなかったのは、有起哉の物腰だけが理由ではない。それは直感──コイツはきっと俺と同類だという確信──があったからだ。

 環はゲイなのである。

「今日は求肥(ぎゅうひ)を乗せたタルトが美味しいですよ」

「あんみつとかに入ってるやつか?」

「タルト生地の上に薄く小倉を塗ってますから、本当にあんみつみたいですよ」

 環はそのタルトと、季節商品だというシャインマスカットのショートケーキを注文する。

 トレイを席に置きながら、環は思案した。思いを伝えたい。でも、パートナーがいるかもしれない。脳内で何度も会議を開いていると、コーヒーのおかわりを注ぎに来たのは有起哉だった。

 勇気を振り絞ってお誘いをかける。

「…よかったら、今日うちに来ないか?」

「え?」

「母から届いた珍しいフルーツがあるんだ。ケーキに使えないかと思って」

「いいですね!」

 マップを共有して、有起哉が立ち去った後に環はコーヒーを一気飲みした。

 やった。これで夜に告白でもできれば、上々だ。もちろん振られる可能性だってあるのだが…。それでも環は帰宅後、ベッドシーツを替えたり掃除機をかけたり、家事に精を出した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 切ない 社会人 ノンケ 無理矢理 ほのぼの 同級生 年下攻め 年の差 かなりえろい エロい 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 幼馴染み 学園 エロエロ 調教 強気受け エロすぎ注意 メガネ 胸キュン ゲイ 健気受け 監禁 鬼畜

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. その借金、カラダで返します!

    アンノアンズ8934Views

  2. 淫舌な成功報酬

    アンノアンズ5762Views

  3. 8個下のかわいい従兄弟に愛されていました

    みやび4237Views

  4. シャワールームで起こした大胆で淫らな行動

    妃くるみ4029Views

  5. 絶倫同棲~リモートワークは誘惑だらけ~

    アンノアンズ3895Views

  6. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3383Views

  7. 編集担当との再現セックスが官能小説家に与えた感情

    妃くるみ2274Views

  8. 恋に沈む~監禁14日目~

    アンノアンズ2076Views

  9. ドロドロにとろけて

    稀木瑞1989Views

  10. 濡れ堕ちた先の結末は

    みやび1901Views

最近のコメント

作家一覧

  • アンノアンズ (24)
  • 稀木瑞 (22)
  • 京野飛鳥 (21)
  • みやび (20)
  • まさを (17)
  • RIKUNA (16)
  • 妃くるみ (12)
  • 如月よだか (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 風間 (3)
  • 雪池 (3)
  • 菜月あかり (1)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)