罪深い僕と君

・作

関口莉緒は大学3年生、大学の先輩であった神崎零夜と付き合っている。しかし、付き合っているというのは名ばかりの愛のない性行為は莉緒の心を着実に蝕んでいく。それでも付き合い続けるボロボロの莉緒の心は限界を迎え――。

愛することに罪はあるのでしょうか。
そんなことを僕は毎日鏡に問いかけていた。

*****

「わぁ、綺麗なホテルだね、ラブホとは思えないよ」

僕は関口莉緒。彼…、神崎零夜とデートの延長線上でホテルに来た。
彼は元々大学の先輩で、僕は彼に一目惚れだった。

だから僕は彼に告白したのだ。
すると彼はすんなりOKを出してくれた。
僕は嬉しかった、でも、きっと彼は本気ではないのだろう。

その証拠に僕は彼に「好き」も「愛してる」も言われたことはない。
でもそれでいい、僕が彼を愛しているのだから。

いつものようにお風呂に入って、ベッドに入ると、僕は零夜のペニスを口にくわえる。
くちゅくちゅと水音をたてて彼の萎えていたソレは次第に大きくなっていく。
口で零夜のペニスを舐めながら、自分の秘部を解していく。

「ん…ふ…」

僕は興奮して自分のモノを勃起させていた。

「莉緒」

名前を呼ばれると胸が甘い痛みに支配される。
口を離すと零夜のそそり立ったソレがあった。
そして自分で慣らした秘部を向けると容赦なくペニスが挿入される。

「あッ…あーッひぃっあッきもちい…あぁっんっ」

僕の口からだらしなく発せられる喘ぎ声。
それを聞いても特に何ともいわない彼のことも快楽の前では苦ではなかった。
愛されてはいないけど確かにここで僕と彼は繋がっているのだと感じる。
それだけで僕はよかった。

「あぁっんぁッんっあッ…きもちい…あッ…イっちゃうイっちゃぁぁっあーッ!」

シーツをぎゅっと掴みながら僕はイってしまう。
僕がイったというのに容赦なく彼のペニスが僕の奥を突く。

「ひぎぃっ!やっ、イったばっ…だめっだめだめぇっ!」

どんなに懇願しても彼は止めてくれない。
毎回そうだった、自分がイくまで止めてなんかくれない。

「ひっやっ…だ…むりっむりぃぃぃいぃっ!」

今日も悲鳴のような喘ぎ声をあげて、苦しいほどの快楽で涙を流しながら僕はナカでイってしまう。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ゲイ ほのぼの エロエロ 切ない ノンケ 胸キュン ちょいエロ 年の差 同級生 年下攻め リーマン 職業もの 誘い受け シリアス スーツ ドS 健気受け 社会人 調教 幼馴染み ツンデレ ファンタジー エロすぎ注意 かなりえろい ヤンデレ 鬼畜

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 配達員は淫乱双子に惑わされて

    雷音4945Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3416Views

  3. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音3172Views

  4. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ2835Views

  5. 初恋アバンチュール

    花園ミツ2222Views

  6. 初体験は玩具でした

    なないろ1941Views

  7. 満月の夜、秘密のお散歩

    皐月亭冥1932Views

  8. おじさんたちは今日もらぶらぶ

    noroko1665Views

  9. 陰キャな部下は隠れビッチ!今日も俺の下で欲しがっている

    なないろ1442Views

  10. 加害者屈服~ペニバンに堕ちた犬

    雷音1415Views

最近のコメント

  • セキ on 抵抗してみて?尊い
  • ヨシキ on 泡まみれ~新人ソープくんは優男ボーイに絆されて~素敵です!! 最初澪くんの切実さとコンプレックスが可愛いな…と思って拝見していたのですが玲さんの優しいこと…!🙏✨ 玲さんも澪くんにソープ嬢をさせること自体嫌だけど、せめて本番だけでも守るため…という気持ちからの研修なんですよね😂 一目惚れからそこまで守りきろうとする玲さんにときめきです…!❤️‍🔥 特に好きだったのが澪くんが必死のアピールをするために玲さんのお顔にその巨乳を押し付けたところです…!! 可愛すぎませんか…!!❤️‍🔥❤️‍🔥 この2人には幸せになってほしいです✨
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに そしてあおいをハヤトサン幸せにして〜
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに
  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる