偏愛監禁~部下に辱められた上司~

・作

千秋賢治は目を覚ますと真っ暗なマンションの一室にいた。なぜそんなところにいるかわからず、自分の足を見てみると鎖で繋がれていることに気が付いた。その暗闇の中にいるのは会社の部下の岩崎だった。俺がいるのに他の男を誘うなんて、と意味の分からないことを言われながら、千秋は岩崎に辱められていく。

「貴方がいけないんです。千秋賢治室長」

 目を覚ますと、どこかのマンションの一室にいた。遮光カーテンで遮られた部屋はとても暗く、一メートル先は見えない。今が昼なのか夜なのかもわからない。

「岩崎くん…?」

 暗くてシルエットしか見えないが、私を悪いと言う声は聞き覚えがあるのでその人の名前を呼んでみた。その人影が近づいてくると、やはり会社の部下の岩崎くんだった。今自分が置かれている状況を彼に聞くため、質問を続けた。

「どうして私はこんなところに?」

 よく見えないのでさらに彼に近づこうと立ち上がると、足元で金属が擦れあう音が聞こえた。目を凝らして見てみると、金属製の鎖が私に繋がっている。その鎖から私の片足には手錠のようなものが取り付けられていた。

「なんなんだ…、これ…」

 自分が置かれた状況が全く理解できない。昨日の記憶を必死で思い出した。確か仕事を終えて家に帰ったはずだ。

それからどうしたんだっけ?

「これは一体どういうことだ!? 説明しなさい!」

 そう言うと彼はクスッと笑って答えた。

「貴方が悪いんです。俺を誘っておきながら、俺以外を見るから…」

 彼が何を言っているのか全くわからない。もう四十代のおじさんである私が、若い年下の部下、しかも男性を誘うわけがない。眉間に皺をよせて睨みつけつつ疑問の表情を向けると、とぼけないでくださいと返事が返ってくる。

「貴方はよく俺を見て笑いかけるでしょう? そういつも俺を誘っているくせに、昨日残業中に他の部下に仕事を教えるふりをして、ネクタイを緩めて誘うなんて」

 岩崎くんは仕事ができて優秀な部下だったはず。人あたりもいい。なのにこんな、訳のわからない思い込みをしていたなんて。

「そんなことはしていないっ…! すべて君の思い込み…うっ!」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3613Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1679Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1033Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント