さよならドライバー

・作

若手経営者の神崎圭一には専属のドライバーがいる。横領事件を起こした元社員の息子・河西義彦だ。事件をもみ消してやった代わりに、ドライバー兼愛人としてそばに置いている。この夜も河西のアパートで体を求める神崎。しかし河西に恋人ができたことを知り、かつてない感情に苛まれる…。素直になれない男×従順すぎる男、涙の一夜…!

「いつものバーに行って」

若手経営者の神崎圭一は、車に乗り込むとネクタイに指をかけた。

「はい、かしこまりました」

専属ドライバーの河西義彦が静かに後部座席のドアを閉める。

運転席に河西が戻ると、甘ったるいバニラの香りがした。

「お前、香水つけてんの?」

「多分、シャンプーだと思います」

「へぇ、今日は女の家から出勤か」

「いいえ、お袋のシャンプーです。昨晩は実家に泊まっていまして…うちのお袋、年甲斐もなく女子高生みたいなやつ使ってるんですよ…」

「ふーん、まぁどうでもいいんだけどさ」

河西が答え終える前に、神崎はシートに腰を深く戻した。

「窓、開けますか?」

「アホか、2月だぞ」

「…すいません」

河西はバツが悪そうに首筋をかきながら頭を下げた。

ワイシャツの襟がわずかに開き、背中に続く皮膚が見える。

1週間前に神崎が付けたキスマークが残っていた。

「わりと消えねぇもんだな…」

神崎はそう呟くと、ハイブランドのネクタイをさらに緩めた。

「気が変わった。行き先、変更して」

「どちらへ?」

「お前のアパート」

河西は消え入りそうな声で「はい」とだけ言うと、車を発進させた。

*****

「ぁっ…んッ神崎さん…っ」

流れ込むようにアパートの玄関に入ると、神崎は靴も脱がずに河西にキスをした。

自分より背の高い河西のネクタイを引き、激しく唇を貪る。

こじ開けるように舌を侵入させると、河西が苦しそうに吐息を漏らした。

「お前、俺の専属ドライバーになって何年だよ?」

「…4年になります」

「キスうまくなんねーな」

「すいません…」

神崎はネクタイから手を離すと、自身のベルトに手をかけた。

スーツと一緒に下着を下ろす。

すでに太くイキり勃ったペニスが顔をのぞかせた。

「もういい。しゃぶれ」

その声に、河西は玄関の床に膝をつく。

財閥の家に生まれ、20代ですでにいくつもの会社を経営している神崎にとって、自分より年上の男が跪く姿など見飽きている。

しかし河西が従順に跪く姿は、いつ見ても神崎を酷く興奮させた。

「上手に咥えろよ」

神崎は河西の少し尖った耳を撫でる。

心労のせいだろうか、耳の横に30代には似合わない太い白髪が見えた。

「失礼します」

河西は右手を神崎の腰に添えると、まだ下着の中に隠れていた陰のうを左手で持ち上げた。

「はっ…こっちは覚えがいいみたいだな」

河西は黙ったまま、ペニスの根元に舌を当てた。

ねっとりと裏筋を舐めあげる。

そのまま舌先でカリを一周すると、ゆっくりと亀頭を口に含んだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3632Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音734Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント