秘密の隣人

・作

新社会人の真純は連日の残業で疲れ切っている。そんな彼を労ってくれるのは年上の隣人・及川だ。美しい肉体で真純を労ってくれる。セフレになって半年、真純は及川に対して特別な感情を抱くようになっていた。しかし及川には他に男がいるようで…。

「真純くん、おかえり」

顔を上げると、3階のベランダに及川さんが立っていた。

路上の俺を見下ろしながら、ひらひらと手を振っている。

指に挟んだタバコから、細い煙が伸びていた。

「なんか疲れてるね」

及川さんはタバコを咥えると眉間をトンと叩いた。

俺は慌てて眉間のシワを擦り、

「まぁ、いろいろありまして」

と最近覚えた作り笑いをした。

「いつの時代も、新入社員は大変だね」

まるで他人事のようにつぶやくと、及川さんは夜空に向かって煙を吐いた。

能天気そうに見えるこの男にも、新卒とかいう時代があったのだろうか。

隣人同士になって半年。

俺はまだ及川さんをよく知らない。

見た目から、年齢は20代後半だろうか。

仕事や出身地、なぜこの町で暮らしているのか知らない。

知っているのは、男が好きってことと、脚の付け根にふたつ並んだホクロがあること。

それとイクときには必ず顔を隠すこと。

きっと俺に抱かれながら、誰かを想っているのだろう。

先週の情事を思い出し、俺は履き慣れていない革靴のかかとでアスファルトを擦った。

「お兄さんが労(ねぎら)ってあげようか?」

再び陽気な声がした。

顔を上げると、及川さんが俺の部屋を指さしていた。

タバコの煙が邪魔をして表情は見えない。

真っ暗な自分の部屋を見つめながら、俺はコクリとうなずいた。

*****

「んっ…ぅふ…っ」

及川さんは目に毒だ。

頬を赤く上気させ、口いっぱいに俺のモノを咥え込んでいる。

「ぅぐっ…ンっ…」

床にペタンと座り込み、左右に投げ出した艶かしい両脚。

そのへんのグラビアアイドルよりそそるものがある。

ベッドに腰掛ける俺の足元で、すがるように男根にしゃぶりつく姿は官能美そのものだった。

「はっ…ぁ…すげぇいい」

俺は及川さんの髪に触れた。

女のように柔らかな前髪をかき上げる。

汗ばんだ額から汗が一筋、涙のように頬を伝った。

「えっろ…泣いてるみてぇ」

指で汗を拭ってやると、及川さんが上目遣いに俺を見た。

視線を向けたままねっとりと裏筋を舐め上げる。

「ぁあっ…」

「ンふっ…おいしい」

今度は唇を根元に押し付けて、ゆっくりと陰茎を吸い上げた。

「はっ…ぅ…っ」

「ふふっ、またおっきくなった」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3762Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2522Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2062Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1895Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1568Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1136Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音965Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん712Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン681Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音620Views

最近のコメント