僕の優しいヤクザ様

・作

若頭の部屋に監禁される姫は若頭、佐山の愛人。彼に『姫』と呼ばれ、愛される日々を過ごしているが、優しいセックスが不満でしかない。乱暴にされたい姫は今日も佐山へと『優しくしないで』と頼むが、佐山はそれを拒んで…。今日も姫は、若頭に愛と優しさを注がれる。

 この世界は理不尽だ。

 なんて思っていた時期もあったなぁ。

 親に売られてヤクザの世話になって早五年。

 借金返済のために身体を開いていたころが懐かしい。

 むしろそっちのほうがマシだったかも。

「姫、ただいま」

 窓辺の棚に座って雪景色を眺めていると、ふすまが開いて朝日が差し込んだ。

 視線を向ければ、長身の男がにこやかな表情で部屋に入ってくる。

 足を畳みの上に下ろせば、身に着ける浴衣がはだけて、ひんやりとした風が肌をなぞる。

 僕に近づいてくるのは、藤代組ナンバー2の佐山さん。

 27歳で若頭という役目を持つエラい人。

 この部屋は佐山さんの自室で、僕は彼の愛人だ。

 『姫』なんて愛称も、僕をこの部屋に監禁したときに呼び始めた名前。

 そもそも僕は藤代組に身を売ったから、この人にだって『商品』として抱かれていた。

 知らない男の人たちの下で喘ぐし、組の人のストレスのはけ口にだってなった。

 なっていたはずだったんだけど、なぜか佐山さんに気に入られて、借金返済も若頭命令で免除。

 気づけば『愛人』ポジションゲット。

 でもこの人とのセックスは優しくて嫌いだから、商品のままのほうがよかったとも思う。

「姫」

 佐山さんの手が頬に触れて上を向かせられると、「おかえりなさい」と口を開く。

「イイ子にしてた?」

「いい子もなにもないですよ」

「襲われたりとかは?」

「してませんよ。…あんな目に遭うってわかってて襲う人なんかいません」

 それは僕がこの人の愛人になってすぐのこと。

 佐山さんのいない間に組の人が僕を抱いたことについてだ。

 商品だった僕は、組の人に求められれば自然と受け入れる。

 だけどそれは大きな間違いだった。

 そのことを知った佐山さんは、その日のうちに彼を『消した』から。

 それ以来、僕を襲おうなんて人はいない。

 この部屋に近づくことすらしない。

 食事を運んでくるのは、佐山さんの腹心の兄貴分だけ。

「ん…」

 求められるまま佐山さんの首に両腕を回すと、優しい口づけがふってくる。

 最初は重ねるだけの口づけ、それから深めて舌を絡ませる。

 この人とのキスに俺はなにもしない。

 されるがまま、求められるまま、舌を伸ばして遊ばせるだけ。

「あっ、んんっ…」

 佐山さんの熱い舌が僕の舌を絡め取り、唾液が舌を伝いながら口内に流れ込む。

 それを飲み込みながら彼の口づけに答えた。

 シュルッ…と音をたてながら帯をほどかれて、大きな手のひらに身体を撫でられる。

 脇腹から腰へ、腰から太ももへと手のひらが動く。

 そして彼を受け入れるために準備したアナルへと指を這わせて、ゆっくりと指を挿入した。

「佐山さん、そんな優しくしないでって…あぅ」

「酷くされたいって思ってるうちは優しくする」

「っ…じゃあ優しくしてって言ったら?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3823Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2516Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音970Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音627Views

最近のコメント