Cold kiss

・作

ケイには吸血鬼の恋人、ユーリがいる。連休に入る金曜日にはユーリにたくさんの血を与えていた。死なない程度の血液を与えたあとには、ユーリからケイはご褒美をもらう。冷たい身体を抱きしめながら、ケイは血と快楽を恋人に与える──。

 仕事から家に帰り、俺は恋人に襲われた。

 飢餓を起こした彼は玄関で俺のワイシャツを破る。

「待て、まっ…」

「待てない」

 そう言いながら肩口をガバッと開いた銀髪の恋人は尖るキバで俺の首筋に噛みつく。

「ゆ、り…ユーリ──ああっ」

「んっ…」

 ブツンッ…と穴が開く音を耳に響けば彼の食事が始まる。

噛まれた傷口から流れる血を彼が吸い始め、俺は抵抗をせずに彼の背中を抱きしめた。

 このスーツは諦めて、また新しいのを新調すればいいと心の中でつぶやく。

 俺の恋人、ユーリは吸血鬼だ。

 出会ったときは高校で、それも学校の先輩だった。

 幼い顔で漆黒の髪と瞳を持つ色白の美人な先輩。

だけど実際は銀髪に深紅の瞳が彼の本当の姿だった。

「んっ、ふぅ…んーっ」

「ユーリさん、ごめんね。こんなに我慢させて…」

 朝早くに仕事があって家を出てしまったから彼に血を与えていない。

 今も日付が変わろうとしていて、すでに真夜中だ。

 たくさん吸われるのは困るが、詫(わ)びとしていつもよりは多めにあげたい。

 そのとき、ため息が聞こえた。

「はぁ…。うぜぇ…」

「え? ゆ…んっ!」

 ユーリさんに後頭部を引かれ、唇に冷たい感触が伝わった。

 充満する血液の匂いと鉄のような味が口内に流れる。

 俺の膝の上に座り、チュパチュパと唇を貪るユーリさんは可愛らしい。

「…ケイ」

「なんですか?」

「明日は休み?」

 その確認に俺はそっと微笑んだ。

 恥ずかしさと苦しさ、辛さなど…いろんな感情が混ざった表情を向ける彼の頬を撫でる。

「はい、休みです。お腹いっぱいになって」

 それは俺とユーリさんの合図。

 金曜日の夜に『ご褒美』の時間がやってくる。

*****

「ぅん、あっ、まっ…やああっ」

 俺の首筋に噛みついていたユーリさんの喘ぎ声が耳に響く。

 俺のペニスを下のお口で咥えながら、上のお口で俺の首から食事をする。

 お腹が空いてしょうがないくせに、快楽には弱くて彼の中を強めにゴチュゴチュと突けば気持ちよさそうに喘ぐ。

「ユーリさん、ほら血がもったいないよ」

「うっん…、うる、うぅんん…」

 後頭部を押して顔を首筋に近づければ、ヴァンパイアの性分が出て血液を吸い始める。

 血を吸われるのは痛いし具合が悪くなるけど、それよりも一生懸命に食事をする彼が可愛くて…。

「ユーリさん、動いていい?」

「ッ…あ、だめっ、だめっ!」

 ブンブンと頭を左右に振るユーリさんにクスッと微笑みかけ、また食事をする彼の頭を撫でた。

「いいですよ。いっぱい、いっぱい飲んでください」

 平日は最低限の食事しか与えてあげられないから、空腹で辛かったと思う。

 だけど貧血になってもいいように金曜日の夜だけはたくさんあげる。

 俺が死なない程度まで。

「ケ、イ…も」

「ん?」

「もう、ちょっとだけ待って…、ごめ、んね」

 首にキバをたてながら血液をすする彼は、自分の中に入る俺のペニスを見下ろす。

 ペニスの根本を撫でたユーリさんの指に、ガマン汁とローションが混ざったねばついた液体が、銀の糸を引きながらつながった。

 その姿に興奮を煽られるが、ガマンガマンと彼の腰を抱き寄せるだけにする。

「大丈夫ですから、ちゃんと食事して。その後にたくさんご褒美をもらいますから」

 俺へのご褒美は彼とのセックス。

 ユーリさんに血を与えながらだと、今いれている一回で終わってしまうが、俺への本当のご褒美は土曜日の夜か日曜日。

 貧血が回復してからが俺へのご褒美タイムだ。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい ほのぼの 切ない 無理矢理 ノンケ 年の差 同級生 年下攻め エロエロ 社会人 胸キュン ちょいエロ シリアス ゲイ スーツ かなりえろい リーマン ツンデレ 誘い受け 健気受け 年上受け ドS ヤンデレ 職業もの 幼馴染み 学園 調教 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 指名率No.1ホストは黒服に犯されて

    雷音8541Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ4901Views

  3. 調教カクテル

    アンノアンズ2641Views

  4. お人形さんは快感中毒

    つきの2248Views

  5. 【悲報】飼い犬に童貞処女を奪われました!

    雷音2219Views

  6. 気難しい先輩とオレの相性について

    ひとえ2179Views

  7. 満員電車の恐怖

    結城愛來2105Views

  8. 愛おしい年上彼氏

    ささくれ1910Views

  9. 通い猫に恋をした

    鬼灯1391Views

  10. ウリ専ボーイのレイ君

    Kiyoka1367Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • みやび (21)
  • まさを (21)
  • 妃くるみ (21)
  • RIKUNA (16)
  • 雲之シタ (14)
  • あめ (13)
  • 如月よだか (9)
  • つきの (9)
  • 乙倫 (8)
  • 空野さかな (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • じん (6)
  • 塩チーズ (6)
  • 結城愛來 (5)
  • ささくれ (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 桜花 (5)
  • ひとえ (4)
  • Kiyoka (4)
  • さゆら (4)
  • タノタ (4)
  • アオイ (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • よし乃 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 風間 (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • ぴかり (2)
  • 鬼灯 (2)
  • pou (2)
  • T1411225 (2)
  • 雷音 (2)
  • 和岐 (2)
  • 梅雨紫 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (1)
  • 翠蘭 (1)
  • ai (1)
  • monimoni (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • マロ (1)
  • nola (1)
  • 葉山りん (1)
  • 平野るな (1)