秘密の旧校舎、資料室~生徒と逢引~

・作

俺の講義を受けている吉泉。「わからないところがあったんで、教えてほしいんです」彼が放つこの言葉が、俺たちにとっての秘密の合図だ。青白い彼の肌に唇を押し付け、優しく優しく肌を味わうように舐める。二人で旧校舎の資料室で逢引をする。吉泉との秘密の授業、幻想のような時間。

「先生」
講義が終わると必ず声をかけてくる色白の青年がいた。

「どうした、吉泉」
声をかけると彼は俺を見上げる。
「わからないところがあったんで、教えてほしいんです」

俺らのこの会話がスタートの合図だ。

*****

「先生」

吉泉は俺の下で飛びきりの笑顔を見せた。

旧校舎の資料室。
人気のないこの部屋で、俺たちは身体を重ねる。

「んっ」
青白い彼の肌に唇を押し付け、優しく優しく肌を味わうように舐めていく。

薄い彼の唇にたどり着くまでは5分。

外は雪が積もっていた。古い木造建ての旧校舎。
窓が曇るほどに中との気温差を思い知らされる。

彼には8月に出会った。
聞けば生まれも8月だという。
『一週間のお試しでいいので、僕を抱いてほしい』

一週間といわず、何ヶ月も彼を抱いている。
大学にバレれば非常勤講師の俺の首など、即飛ぶであろう。

「んっ、先生、よそ見しないで」

吉泉の熱い舌が俺の口の中へ―――
お互いを捕食するかのように、舌絡める。

俺は、吉泉の露わになった男根を握る。
「アッ」

驚いた甘い声を吉泉は出した。
彼はよく鳴く。

「せんせぇっ」
俺は手の中で吉泉自身をシゴく。
指に生ぬるいカウパーの温度を感じた。
「湿ってきたな」

目を合わそうと吉泉の瞳を見つけると、彼は恥ずかしそうに頬を赤らめた。
「先生のこと、考えると、俺、すぐ勃っちゃって…」

可愛い吉泉。
卒業したら一緒に住みたい。卒業すれば、正式な恋人に―――

手の中で硬くなっていく吉泉の男根は、
彼のペニスはいつも俺の思う通りになる。

俺が気持ちよくなってほしいと触れてシゴけば硬くなり、喜ぶように全長を伸ばし膨らむ。
「あっ、せんせ。だめ、イク」

「イキそう?」

俺は吉泉の男根を先ほどよりも握り、スピードを上げた。
「――んんっ、あっあああ」
優しく声を力を加えれば、俺の手の中でいとも簡単にはてる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3633Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント