僕らの青春、色違い

・作

同い年、幼馴染み、クラスも同じ、家も隣、親同士も仲がよい、小さい頃から成長を共にしてきた小出と三木。二人は学園生活で青春を謳歌する日々を送っていた。しかし、小出は気付いてしまう。青春とは雨の中を歩くように迷いのあるものでもあり、流れに任せて進むこともあるが、自分で選択しなくてはいけないこともあると…。

汗ばんだ首筋を伝う雨が、やけに色っぽくて。

 

響き渡る水音に快楽を泳がせて、ただただ青春の時間を共に過ごした。

この思いを忘れることはないだろう。

 

「小出!」

眩しそうな笑顔が太陽とともに光を指す。
三木は小出と出会えて本当によかったと思った。

彼はそこ抜けて明るいし、たまに見せるいたずらっぽい顔がとてつもなく愛らしく感じた。

――――三木は俺の幼馴染、親友。

いつしか、とても近い存在になっていた。

だが、そんな純真な気持ちも、思春期という一文字で、関係の変化が訪れるのだ。

 

バス停でいつもの帰りのバスを待つ。
今日は、青々と映える空と、緑の木々のコントラストが眩しい日だ。

「あーあつい」

予報では、気温は31度を超えている暑い水曜日だった。

三木の首筋から水滴が垂れるのが見えた。

―――汗だ。

白いえりに向かって垂れていく汗がやけに色っぽくて、衝動的だった。

うつむいて、バスを待つ首に唇を落とした。

「え、っなに?小出…」

眩しく指す強い日差しの中、メガネ越しに三木のおびえた熱い瞳をみつける。

背筋がゾッと凍るような感覚と、指の先から頭までが痺れる感覚を感じる。

「三木は女の子が、好き?」

「え…うん―――」

三木が言い終わる前に唇を食べるようにふさいだ。

「こ…っや…っこい…っで…ッ」

バス停は木陰に隠れた、人通りの少ない涼しい場所だった。

拒否しようと胸を叩き、必死に自分の手を振りほどこうとする三木だが、ひとまわり大きい自分から逃れることはできないことを、小出は知っていた。

三木の体をがっちりとホールドし、二人の距離をさらに縮める。

唇が離れ、肩で息をする姿に気付くと、思わずやさしい笑みがこぼれた。
じっと顔をみつめられると、三木はつぶやく。

「…怒れ、ないじゃんか」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3613Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1679Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1033Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント