一夜の戯れ

・作

いつものように陰間の仕事をこなす奏。今宵の客は少し変わった客だった。媚薬を塗られ、客だと思って接待していた人物が、本当の客じゃないと知ることになる。そして、本当の客は、名家の御曹司であった。野外で交わる甘美なひととき。その後、奏に驚くことが待っていた。

「旦那様。今宵はご指名いただきましてありがとうございます」

ここは、ある遊楽街の一角。陰間(かげま)たちが、お越しくださる旦那様方に心身ともに尽くす憩いの場。

その夜も、陰間たちは旦那様と絡み合い熱い夜を過ごす。

「おぬし、いまはいくつになる」

「はい…よわい20になりました。しかし旦那様、わたくしとの大人の交じり合いはお好きではないでしょうか?」

「いいや…そなたのような女より女らしい陰間は見たことがない」

抜き襟から見えるか細い首、透き通るほどの白い肌に、今宵の旦那様も俺に魅了されていた。

「おぬし、名をなんという」

「わたくし奏(かなで)と申します。散る花の年になりますので、散る盛りをご堪能いただければと思います」

そういうと俺は、今宵の旦那様に顔を上げて見せる。ザクロで磨いた白い肌、ツバキのように赤い唇、長いまつげに旦那様も見惚れていた。

「そなたが散る盛りとは…もっと早くそなたに会いたかったぞ…」

「これもご縁ゆえ、まずは今宵を楽しみましょう」

俺は旦那様に微笑み寄りかかる。

「玉のような肌だ…吸い付くように手が離れない…」

旦那様は俺の頬に手をかけ、ゆっくりと肩に移動させる。俺も、旦那様が着ている着物をはだけさせていった。

「美しい…おぬし…散るには惜しい美しさよ…」

「んっ…旦那様…ありがとうございますっ…」

旦那様は俺のうしろにまわり、帯を緩め着物をはだけされていき、俺は生まれたての姿になった。

「ここの蕾はどのようになっているかな?」

そういうと、旦那様は、俺の胸の突起を優しく刺激してきた。

「んはっ…そこっ…ぞくぞくしますっ…」

性感帯を刺激された俺は、つい声が出てしまった。

「奏は名の通りいい声を奏でるな…もっと声を聞かせてくれ…」

旦那様は、耳や背中を愛撫される。ある程度楼主(ろうしゅ)に俺の弱いところを聞いているのだろう。

「あんっ…んっ…旦那っ…さまっ…」

俺の体は、さまざまな男性との交じり合いで、スイッチが入ってしまったら全身が性感帯になってしまう体になっている。この、体を目的に散る盛りになるが常連が多いのだ。

「奏、これを塗ってもらうぞ?」

旦那様が取り出したのは、ある塗り薬だった。

「旦那様…んっっ…それは?」

「南蛮渡来の媚薬だ…これを塗って着物を着なさい…主様が待っておる」

「しかし、そのようなことをしたら楼主にしかられてしまいます…」

「楼主には、口添えはしておる。心配しなくていい」

旦那様は、俺の蜜壺に塗り薬をたっぷりと塗りたくった。

塗った場所から熱くなり、どんどん体が火照りはじめた。

「はぁ…ぁぁっ…」

「塗っただけで感じたのか…さすが南蛮渡来の媚薬だ。さあ、早く着物を着るがいい」

俺は、旦那様のいった通り、着物を着始める。着物が肌や胸、股間にこすれるたびに快感におぼれていく。

「んぁっ…んふっ…だんっ…なさまっ…着付けが終わりましたっ…」

「白い肌に、紅色した頬、潤んだ瞳…いい感じに仕上がっているな…さて、主様のところに行こう」

俺は、主様のところに向かうために旦那様とともに、楼をあとにした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 切ない エロい 社会人 無理矢理 ノンケ 年の差 ほのぼの 年下攻め 同級生 かなりえろい シリアス スーツ 年上受け ツンデレ ヤンデレ 幼馴染み エロエロ ドS ゲイ 調教 学園 胸キュン 誘い受け 強気受け エロすぎ注意 健気受け ちょいエロ メガネ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ8703Views

  2. 調教カクテル

    アンノアンズ3316Views

  3. ひみつの診療所

    京野飛鳥2826Views

  4. 先輩、好きです。

    稀木瑞2487Views

  5. その借金、カラダで返します!

    アンノアンズ2335Views

  6. 計画の愛

    一之木歩2089Views

  7. 編集担当との再現セックスが官能小説家に与えた感情

    妃くるみ1997Views

  8. 恋に沈む~監禁14日目~

    アンノアンズ1965Views

  9. 医療従事者たちの最高の薬は淫らな欲望の解放

    妃くるみ1916Views

  10. 愛はいつも突然に

    京野飛鳥1812Views

最近のコメント

  • すみ on おにいちゃんの射精管理攻め喘ぎ&襲い受け あぁ、これは... 確かに地雷なヒトもいるんだろうなぁ... そのための タグなんだろうけど。 #攻め喘ぎ #攻めフェ とかあったらあったでタグでネタバレしそうで嫌だし難しいね。 とりあえず話はエロい。
  • みや on おにいちゃんの射精管理どエロかったです。THE襲い受け好きにはたまらん。
  • 理生 on おにいちゃんの射精管理攻めの喘ぎほど汚いものは無い。
  • コロコロ on ハタチノヒノヨルキミト…モダモダする みやび先生の影あるとこも、世知辛いとこも、青いとこも、好きです
  • コロコロ on 閃光の誘惑話の展開が不自然ですけど、コメディ?ドタバタBLなのか もう少し二人の関係、エピソードが欲しかったかも、エロよりも

作家一覧

  • 稀木瑞 (28)
  • アンノアンズ (25)
  • 京野飛鳥 (25)
  • みやび (21)
  • まさを (19)
  • RIKUNA (16)
  • 妃くるみ (15)
  • 如月よだか (9)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • じん (3)
  • 風間 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 一之木歩 (3)
  • あめ (2)
  • 塩チーズ (1)
  • monimoni (1)
  • ai (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • 翠蘭 (1)
  • 菜月あかり (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • nola (1)
  • 平野るな (1)