君を消せない。

・作

バンドのボーカルだったカイが歌えなくなった。歌う彼の声が好きだった俺は、ショックをひた隠し、生活をした。しかし、カイの退院後、彼と同棲している家へ一緒に戻り、カイを癒すつもりで行為を始める俺だったが…―――。

カイが喉を潰した。

『彼が歌を歌えるのは、何年後になるかわからない』と医師は言う。

カイが病室で手に持っていたのは、黒いペンだけだった。
カーテンから風を乗せて、窓際で白いユリが揺れていた。

彼の指は、すっかり痩せこけてしまった。
その指で細いペンすらも握れるのか、マネージャーやローディーたちが慌ててしまうほど、見るからに彼は生命力を失っていた。

筆談でカイが俺たちと交わした会話は残酷だった。

『歌を辞める』

俺たちの音楽は、終わった。

カイの宣言の後、数10年連れ添った俺たちは簡単にバラバラになった。
スタジオミュージシャン、サポートメンバー、他アーティストの作曲や楽曲提供。
ありがたいことに培ってきたコネクションを使い、楽器を演奏する俺たちへ仕事は続々とまわってきた。

カイが入院している間も上昇していく仕事方面とは裏腹に、俺の心中は複雑だった。

カイが入院してからも俺は、カイのいない家へ一人で帰る。

忙しさで気付かなかった。
ガラステーブルの上でキラリと光る、彼がペンを握るよりも毎日持っていた58マイク。
今となってはサビの香りがするほど、手入れされずに放置されてしまったソレ。

俺の記憶の中で、何度も歌うカイがよみがえる。
悔しくて、嗚咽(おえつ)をあげて泣くしか俺にはできない。

*****

退院後、カイは俺と同棲していた家へ戻った。

「疲れたね」

俺がカイに話しかけると、カイは頷いた。
荷物の片付けも早々に、カイはベットに座って俺に手を伸ばす。

体はいいのか?と聞くと、彼はこくりと頷いた。

声の出ないカイ。
身体を触れ合わせるのは、久し振りだった。

カイのやせ細った体にやさしく触れていく。
入院生活で、すっかり白くなった。
腹にキスをする。骨ばった腰を指でなぞると、ぴくりとカイの体が跳ねた。

胸の突起を指で転がし、下でなぞる様に胸を舐める。
突起を口で含み、舌で吸い上げては、ちろちろと舐めるとカイが足をよじらせる。

「…キモチイイ?」

指を噛んで悔しい表情を見せる彼が可愛くて、いつもついついしつこく攻めてしまう。
が、今日は病み上がり。

カイ自身に触れると硬くなっている。
スウットを脱がし、カイへ指を伸ばすとすでに溢れんばかりに濡れていた。

「…っ」

先端を人差し指でぐりぐりと擦ってやる。カイの男根はますます硬さを増した。
手のひらで包んで、強めに握り、上から下へとシゴく。

カイの指が俺の髪に絡まる。
見上げると、彼の顔が上気している。

桜色に染まる頬。

俺の下半身も硬くなっている。

カイの足の間に入り、彼の薄い唇にキスをする。
舌をからめて歯の裏を優しくなぞる。俺の好きな、かけた彼の歯を舌先に感じた。

「ん…っふ」

鼻から抜けるカイの声。彼の声を聞くのは、とても久し振りだった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2017Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん602Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント