弟は極度のブラコンでした

・作

「俺…兄ちゃんのこと…好きなんだ…」――その言葉は俺にとっては”家族”としていっているのかと思っていた。しかし、諒は”家族”としてではなく、それ以上の感情をもっていた。居酒屋帰りに諒の部屋に行くと、知らずに媚薬入りの雑炊を食べ、諒に押し倒される。諒は深いゆがんだ愛を兄にぶつける。

「俺、兄ちゃんのこと…好きなんだ…」

「俺も諒(りょう)のこと好きだぞ」

高3の冬。可愛い弟の問いに、俺は笑いながら答えた。俺は、弟として家族として好きだと言ったつもりだった。

そして俺は、10年後に諒がいった本当の意味を知ることになる。

28歳の春。新入社員が入社する季節になった。入社6年目になる俺は、新人育成も慣れてきた。俺の担当は新人の女子社員。

きょうは、担当の新人が仕事に行き詰っているみたいなので、不安などを聞くために居酒屋に連れてきた。

不安や愚痴を聞き、居酒屋の前で別れた。時間は夜の10時。俺のアパートは少し遠いので、この近くに住んでいる弟の家に泊まる予定だ。

それを見越して、居酒屋の場所も選んだのだ。もちろん、弟に許可は取っている。

俺が、大学に入学してから連絡は取り合っていたけれど、会うのは久しぶりだ。

教えてもらった住所に行き、玄関のチャイムを鳴らす。数秒後に玄関が開かれた。

「久しぶり、兄ちゃん。道に迷わなかった?」

「スマホのアプリ使ったから大丈夫だったよ。にいちゃんなめんな?」

冗談をいいながら、部屋の中に入る。部屋の中はきれいに整理整頓されており、居心地がいい。

ソファに腰を下ろし、ネクタイを緩める。Yシャツの第二ボタンまで外すと、やっと仕事から解放されたと感じた。

「居酒屋のメニューじゃ物足りないでしょ。雑炊作ったから食べて」

「ありがとな…あれ、お前に居酒屋に行くっていってたかな?」

「えっ…少しお酒のにおいがしたから、そうかなって思っただけだよ」

「そうか。それにしても、お前の料理はうまいな。味付けがみんな俺好み!」

深く考えずに、雑炊を口にする。諒は横に座り缶チューハイを口にしていた。

「ところでさ、居酒屋で一緒にいた女の人ってだれ?」

突然諒が聞いてきた。俺が、若い彼女でもできたのかと思ったのだろう。

「彼女は、新入社員で俺が指導してるんだ。それがどうしたか?」

そろそろ、彼女も欲しいと思っているけれど、仕事が忙しくて出会いがないのが本音だ。

「諒こそ、彼女は作らないのか?」

「俺には…ずっと好きな人がいるからさ…」

「いったい誰なんだ?両想いになったら紹介しろよな」

「……んだよ…」

「なんだよ。聞こえないよ。俺が知ってるやつか?」

食べ終わった雑炊の器を机に置き、諒のほうを向いて笑顔で聞く。

すると突然、諒が俺をソファに押し倒してきた。俺はアルコールがまわっているため、理解するのに時間がかかった。

「なんだよ、こんな年でじゃれあいか?いい大人なんだからやめようぜ」

俺はおどけながら諒から離れようとする。次の瞬間、自分が弟だと思っていた、いや正真正銘の弟からキスをされたのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3825Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2523Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1991Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音971Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音628Views

最近のコメント