初めての夜

・作

付き合って三か月になるシュンとリョウの二人。しかし、キスもエッチも未経験。なんとか次のステップに進みたいリョウは、ついにシュンと二人で泊りがけの旅行に行くことに成功するが、果たして二人は無事に初エッチに進むことができるのか…?甘々なお話です。

透き通るような海、真っ青な空。シチュエーションは、まるで完璧だ。

「うわ、すげー。めっちゃきれい」
「な、ほんと。ちょっと高かったけど、いいホテルとってよかったな」

少し奮発して予約したホテルの外には、なんとも美しい絶景が広がっていた。
部屋の中だってめちゃくちゃきれいで、普段仕事で利用するようなビジネスホテルとは訳が違う。

部屋に到着するなり、ふかふかのベッドに飛び込んだのは、俺の恋人、シュン。
日頃の疲れを癒すかのように、もうすっかりベッドに身を預けてしまっている。

「ちょっと、寝ないでよ。このあとご飯も予約してるし、バーだって行きたいし」
「わかってるよ、でもここまで運転したんだし、ちょっと休ませてよ」

高速を使って、約二時間半。シュンはその距離を、一人で運転してくれた。
ペーパー同然の俺にとって、シュンの存在はとってもありがたい。もちろん、車目的とか、そんなんじゃないけど。

シュンと俺が出会ったのは、もう十年も前のことだ。
お互い予備校に通っていたとき、偶然に席が隣だった。たったそれだけの繋がり。
だけどなんとなく話が弾んで、大学に入学してからは、二人でよく遊ぶようになった。

卒業して、社会人になっても、それは変わらなくて。
仕事終わりに居酒屋で待ち合わせしたり、二人でドライブに行ったり、『普通』の友達として、何年も過ごしてきた。

そして、なんとなく、どちらからともなく、付き合おうと言ったのが三か月前。
だけど、俺たちの関係性には、ほとんど何の変化もない。

「どう、シャワーきれい?」
「風呂めっちゃ広いよ、足もゆっくり伸ばせそう」

浴室を覗いていると、後ろからシュンがやってきた。
俺より少し背が大きいシュンは、よく俺の頭の上に顎を乗せてくる。
なんだか子ども扱いされてるみたいだけど、そんな仕草だって好きだから許せてしまう。

「あとでゆっくり入ろうな」

頭をくしゃっとされて、思わず胸が弾む。
シュンが俺の体に触れるたびに、『その先』を意識してしまうなんて、言えやしない。
けれど、俺の体がシュンに触れられることを望んでいるのは、確かだった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9232Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7654Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6231Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4641Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4262Views

  6. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3734Views

  7. 太陽と月

    みやび3532Views

  8. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3326Views

  9. 沈む、青い夕日

    まさを3302Views

  10. 一夜の戯れ

    RIKUNA3296Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)