愛はいつも突然に

・作

社会人3年目の白井。酔いつぶれた歓送迎会の翌朝、隣を見ると3つ上の先輩、織辺が寝ていて…?!最後までしてしまったのかと焦る白井だったが、先輩の口から聞かされたのは衝撃の事実。そして、先輩からの思いもよらないお願いをされ…?!

人生は、時として思いがけないことが起きる。
そう思い知らされたのは、歓送迎会の翌朝。

鈍痛のする頭を押さえながら横を見ると、先輩が裸で寝ていた。

こんなこと、女の子相手でもしたことなかったのに。
まさか、なんで。

そんなことが頭の中をぐるぐると駆け巡る。
一応布団の下を確認すると、案の定下着はつけていない。

先輩の首元あたりには、赤い痕がいくつもついている。
まさか、自分が。

そんなことを考えていると、先輩がゆっくりと瞳を開けた。

「…そんなに顔覗かれても、困るんだけど」
「す、すみません!」

目と目が合って、思わず後ずさりした。
体を起こした先輩が、大きく伸びをする。

「その感じを見ると…さては覚えてないだろ」
「…えっと…」
「ひどい、初めてだったのに」
「は…っ?!」
「うそだよ、冗談」

冗談なのもいろいろと問題だけれども。
そんなことを考えたけれど、今はそんなことを聞いている場合ではない。

「えっと…いや…」
「何?どっから聞きたいの?」
「…最初から、お願いします」

一瞬、先輩の表情が曇る。
小さくため息をついて、俺の肩を押す。

「じゃあ、最初から教えてやるよ」

機嫌の悪そうな先輩から、俺は事のあらましを聞くことになった。

昨日の夜行われた歓送迎会。
酒に弱いとわかっているにもかかわらず、テンションの上がった俺はリミッターを超えて酒を飲んでいた。

べろべろに酔いつぶれた俺を介抱してくれたのは、先輩。
そして家まで送り届けたところ、そのまま押し倒されたとのこと。

「…俺、ただの変態じゃないですか」
「そうだね、人のこと突然襲うし」
「いや、そこはフォローして!」

頭を抱えてうなだれた俺の背中を、先輩がとんとんと叩いた。

「大丈夫だよ、最後まではヤってないから」
「…は?」
「入れる直前、誰かさんが寝ちゃったからね」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ゲイ ほのぼの エロエロ 切ない ノンケ 胸キュン ちょいエロ 年の差 同級生 年下攻め リーマン 職業もの 誘い受け シリアス スーツ ドS 健気受け 社会人 調教 幼馴染み ツンデレ ファンタジー エロすぎ注意 かなりえろい ヤンデレ 鬼畜

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 配達員は淫乱双子に惑わされて

    雷音5021Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3498Views

  3. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音3108Views

  4. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ2857Views

  5. 初恋アバンチュール

    花園ミツ2341Views

  6. 満月の夜、秘密のお散歩

    皐月亭冥1951Views

  7. 初体験は玩具でした

    なないろ1810Views

  8. おじさんたちは今日もらぶらぶ

    noroko1704Views

  9. 陰キャな部下は隠れビッチ!今日も俺の下で欲しがっている

    なないろ1379Views

  10. 犯され願望~最終下車は甘々痴漢プレイ~

    雷音1370Views

最近のコメント

  • セキ on 抵抗してみて?尊い
  • ヨシキ on 泡まみれ~新人ソープくんは優男ボーイに絆されて~素敵です!! 最初澪くんの切実さとコンプレックスが可愛いな…と思って拝見していたのですが玲さんの優しいこと…!🙏✨ 玲さんも澪くんにソープ嬢をさせること自体嫌だけど、せめて本番だけでも守るため…という気持ちからの研修なんですよね😂 一目惚れからそこまで守りきろうとする玲さんにときめきです…!❤️‍🔥 特に好きだったのが澪くんが必死のアピールをするために玲さんのお顔にその巨乳を押し付けたところです…!! 可愛すぎませんか…!!❤️‍🔥❤️‍🔥 この2人には幸せになってほしいです✨
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに そしてあおいをハヤトサン幸せにして〜
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに
  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる