ひみつの診療所

・作

小さな村の診療所で働く医者、坂本は村の駐在である堀越に淡い恋心を抱いている。ある晩、高熱を出した堀越が診療所に運び込まれ、坂本は一晩付きっ切りで看病をすることに…。二人っきりの夜の診療所で起こった秘め事とは…

「え?駐在さんが?」

僕は、小さな村の診療所に勤めている。
普段、患者さんは年配の方や子どもが多いんだけど、時々こうして救急の患者さんがやってくることがある。

しかも、今日の患者さんはこの村唯一の警察官である堀越さん。
村の人が偶然交番の前を通ったら、ぐったりしているところを見つけたんだとか。

「いつでも大丈夫です、お待ちしてます」

村の人に運ばれて、どうやらもうこっちに向かっているらしい。
僕は電話を切って、急いで迎え入れの準備に取り掛かった。

*****

「…40度ジャスト」
「…マジすか…」

診療所の小さなベッドに、ガタイのいい堀越さんが横になっている。
点滴を打って、解熱剤も飲ませて、運ばれてきたときよりは具合もよさそう。

「こんな状態で、戻るわけにいかないでしょう。一晩ここで過ごしたらどうですか?」
「はい…そうさせてください…」

カルテを整理して、一息ついた。
後ろを振り向くと、よほど疲れていたのかすでに寝息をたてている駐在さんの姿があった。

「…寝ちゃってる…」

無防備なその表情を眺めながら、思わず笑みがこぼれる。
言葉にしたことはないけれど、僕は彼のことが好きだ。

何かと僕のことを気にかけてくれて、パトロールのたびにここを訪れては声をかけてくれる。
たまに二人でお茶したり、他愛のない話をすることが、僕にとっての心の拠り所になっていた。

意外と長いまつ毛。
健康的な色の肌。
思わず、触れたくなって手が伸びた。

指先を頬で撫でると、胸が高鳴った。

「…ちょっとくらい、いいかな」

小さな悪戯心が、僕の中でうずいた。
今夜の僕は、何か変なのかもしれない。

寝ている駐在さんの唇に、そっと口づける。
やわらかいその感触を味わったら、もう後には戻れない気がした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2014Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん599Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント