一生分の片思い

・作

ひょんなことから関係を持ってしまったサークルの後輩×先輩です。三角関係ですが、想い人は出てきません。強気で男前な先輩受けと、自分に自信がない後輩攻めです。年下攻め好きな方におすすめです。ハッピーなお話ではありません。

ただのサークルの先輩。
それがいつからか、特別になっていった。

大学に入学したときから、一つ上の尚輝さんはずっと俺の憧れだった。
背が高くて、スタイル抜群。顔は男が見てもかっこいいうえに色気もある。
口を開くとその容姿からは想像できないほど気さくで、面白い。
関西出身のなまりが出るのも、女の子からはたまらないポイントだとか。

そんな尚輝さんと、特別な関係になったのは、去年の春の合宿のこと。
みんなが寝静まったあと、なんとなく眠れなくて宿舎の外に出ると、そこには尚輝さんがいた。
タバコを吸いながらスマホを眺めていたその姿が、なんだかすごく悲しそうで、思わず声をかけた。

『あの…眠れないんすか』

顔を上げて目が合って、ようやく彼が泣いていたのだとわかった。
溢れた涙を拭いながら、尚輝さんが笑う。

『…振られたから、慰めてくれん?』

そう言われたときから、この関係は始まった。

 

「…っ、佑真…っ、指…嫌や…っ」
「慣らさないと痛いでしょ、ダメ」

週に一回、尚輝さんの家に呼ばれて体を重ねる。
尚輝さんが大学を卒業しても、この関係だけは続いていた。

付き合っているわけじゃない。デートをすることもなければ、手をつないで歩くこともない。
互いに彼女ができたこともあった。
だけど、それでもこの関係は終わらなかった。

「嫌や…っ、そこばっかり…っ!」
「ここがイイから嫌なんでしょ?好きなくせに」

内壁をえぐるように指先を動かしながら、耳元でそう囁く。
尚輝さんのきれいな顔が快感でゆがむのが、たまらない。

尚輝さんが好きだといったあの人は、こんな顔を見たことがあるのだろうか。
たった一度だけ、サークルの飲み会で出会ったことがあるその人は、俺よりもずっと大人だった。

尚輝さんはその横顔を幸せそうな表情を浮かべて、ぼうっと眺めていた。
あの人の指で髪の毛を撫でられて、切なくて、苦しげな表情を浮かべていたっけ。

俺には、見せたこともない顔だった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9232Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7654Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6231Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4641Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4262Views

  6. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3734Views

  7. 太陽と月

    みやび3532Views

  8. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3326Views

  9. 沈む、青い夕日

    まさを3302Views

  10. 一夜の戯れ

    RIKUNA3295Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)