鬼畜オーディション

・作

若手俳優の白羽冬馬は、有名演出家のオーディションへやってきた。合格条件は「メスイキすること」…。オーディションとは名ばかりの鬼畜な調教に、冬馬はどこまで耐えられるのか…!?

重い防音扉に隔たれた地下スタジオで、若い男が嬌声を上げていた。

「あああッ…んぁあああっ先生ぇ…!」

男は白羽冬馬という新進気鋭の舞台俳優だった。

成人したばかりの肉体は、細い腰回りにあどけなさを残している。

滑らかな肌に玉のような汗を浮かべ、スタジオの床でのたうち回っていた。

「はぁああっ…お…お尻が…ぁぁあぅっン…!」

アナルに埋められたローターが、冬馬に鈍い振動を与えている。

決してそれだけでは満足できない微量の振動だ。

長時間に及ぶ緩やかな刺激で、入り口はすっかりほぐれている。

色素の薄い粘膜が、ヒクヒクといやらしく震えていた。

「もう…お尻がヘンになりますっ…先生…んあッッ」

冬馬は自ら腰をくねらせると、形のいい唇を噛んだ。

「おやおや、いけないよ。役者が顔に傷をつけては…」

冬馬の頭上から、地を這うような低い声がした。

演出家の本郷朔二郎が、ねっとりとした笑みで見下ろしていた。

「はぁっ…先生ぇ…ッッ」

後ろ手に拘束された手首を擦り合わせ、冬馬は体をよじった。

「前を触りたくなったのかい?」

本郷はしゃがみ込むと、冬馬のペニスにフーッと息を吹きかけた。

「はぁんっっっ!」

「あぁ…もうこんなにして。イキり勃って裏筋の血管がドクドクしているよ」

「本郷先生…痛い…痛いんですっ」

「それは君自身が大きくなったからだろう?初めてお尻いじられて興奮してしまったかな」

本郷は白髪混じりの髪をかき上げると、反り勃つペニスの根元に触れた。

「あぅッ…あああッだめですっ!ちぎれ…るッ」

「ただの射精管理で根を上げていては、先が思いやられるなぁ」

我慢汁でぐっしょり濡れた隠毛を、本郷がざらりと撫でた。

再び本郷の指が根元に触れる。

冬馬は我慢できず、自ら腰を突き出した。

「んぁああっ…先生っ…これ取って…」

今にも破裂しそうな陰茎が、本郷の目の前で淫靡に揺れた。

いつ射精してもおかしくないほど、勇ましく勃ち上がっている。

非情にもそれを食い止めているのは、根元をくくる黄色の紐(ひも)だった。

「君はエキゾチックな顔立ちだから、やはり黄色がよく似合うね」

まるで買ってやったアクセサリーを褒めるように、指で紐をひと撫でした。

「んはぁああッ!」

わずかな刺激にも体が過剰に反応してしまう。

冬馬は背中を弓なりにすると、息絶え絶えにつぶやいた。

「せめて…せめて、緩めてください…」

「そうか。もう限界か…」

すると本郷は立ち上がり、小さくため息をついた。

「では、君は不合格だ」

「…そんな…先生っ…」

「とても残念だよ。ご苦労様」

そう言って、本郷はローターのスイッチを切った。

「ま…待ってください…先生!」

冬馬は呼び止めたが、本郷はすでに上着に手を通している。

「すぐに私のアシスタントが掃除に来る。そしたら玩具と紐を取ってもらいなさい。彼は元モデルで色気のある男だから、予定がなければ遊んでもらうといい」

吐き捨てるように言うと、本郷は足早に出口へ向かった。

「先生…待って…」

冬馬は震える体を反転させると、芋虫のように床を這った。

それは野心が乱心か、冬馬は本郷の足にしがみついた。

「…します…メスイ…キ…しますから…っ」

本郷は振り返ると、自分にすがり付く若い俳優を満足げに見下ろした。

「では、オーディションを続けるかね?」

「…はい」

”メスイキ”という合格条件が、今になって冬馬に重くのしかかった。

*****

本郷朔二郎といえば、演劇業界でその名を知らぬ者はない。

役者なら誰もが本郷の演出に憧れる。

特に、顔だけで人気者になった俳優は、本郷の舞台で一皮剥けることを望んでいた。

白羽冬馬もそのひとりだった。

もちろんその競争率は高く、選ばれし者だけが舞台に立つことを許される。

そのまた一握りの野心家だけが、主役の座を射止めるのだった。

「メスイキなんてものはね、固定概念の解放なのだよ。オスを捨てメスに堕ちるのではない。オスを解放しメスの快楽を取り入れるのさ…」

冬馬の拘束を解きながら、本郷はいつになく雄弁だった。

ローターはまだナカにいたが、振動が止まったおかげで随分と楽になった。

それに、冬馬自身も勃起が落ち着き、根元を締め付ける紐の痛みも、さっきよりマシになっていた。

「そうして君はやっと君自身と向き合えるんだ。メスイキは君からくだらない常識とプライドを捨て去ってくれる」

本郷の言葉に相槌(あいづち)を打ちながら、冬馬は解放された腕を伸ばした。

そして手首を見て驚いた。

さっきまでロープで縛られていたというのに、締め跡や鬱血痕が一切ない。

唇を噛むことを咎(とが)められた記憶がよみがえる。

その慣れた様子から、本郷がこれまでに数多の役者に同じようなことをしてきたと、冬馬は嫌でもわかってしまった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9940Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7593Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6211Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4766Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4234Views

  6. 沈む、青い夕日

    まさを3966Views

  7. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3712Views

  8. 太陽と月

    みやび3521Views

  9. きれいなお兄さんは好きですか?

    京野飛鳥3266Views

  10. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3232Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)