君のうなじに噛みつきたい

・作

初めて出会ったときからずっと、恋人のユウトのうなじが大好きなアキ。そんな恋人にあきれながらも、いつもなんだかんだ流されてしまうユウト。今日こそは我慢できるのか?それとも?そして、ユウトがうなじを噛まれるのを嫌がる理由とは…?

彼の後ろ姿が、たまらなく好きだ。
そう気づいたのは、いつのことだっただろうか。

出会ったのは、高校二年の春。
通っていた予備校で偶然出会ったのが、ユウトだった。

空調の効いた教室で、いつもゆったりとしたカーディガンを羽織っていた。
その色は決まって、パステルブルー。
窓の外の空と交わりそうなその色は、俺にとっていつの間にか、なくてはならない景色になっていった。

週に二回、授業がかぶるだけの関係だったはずなのに。
最後の日、予備校前のバス停で出会って、すぐに声をかけた。

“お友達から、はじめてください!”

なんて、昭和の合コン番組顔負けの恥ずかしいセリフを言ったら、ユウトは声をあげて笑った。
そして、それが俺たちのはじまりになった。

「…襟足、伸びてる」
「切って」
「切ってっていうより…刈って、じゃん?」
「どっちでもいいから、早く」

休みの日の昼下がり、俺とユウトはいつものようにベッドの上に寝ころんでいた。
一ヵ月ほど前にきれいに刈り上げたはずの襟足は、もうすでに伸び始めている。

くるんと弧を描きながら肌を沿う髪の毛が、なんだかくすぐったそうだ。

「アキ…また俺のうなじ見てる」
「…へ?あ、あぁ…ごめん」
「ほんとすけべなんだから」

すねたような口調で、ユウトはそう言った。
彼は、俺の性癖をよく理解していると思う。

ユウトの後ろ姿と出会ってから、もう五年以上が経とうとしている。
初めて出会った日から、変わっていない白くて、やわらかいうなじ。
ユウトの言う通り、ずっと俺はそれを性的な目で見ている。

「…だって、美味しそうなんだもん」
「今日は噛んじゃダメだからね、ここ短く刈るんだし」
「ちょっとくらい…ダメ?」

そう言うと、ユウトが振り返る。
その表情は俺に向けられた不信感に溢れているけれど、そんなことは気にしない。

「…ほんとにちょっとでやめられんの?」
「うん、約束。今日こそは」
「…ふーん」

今日こそは、まさにその通り。
過去に何度も“やめられなかったこと”があったのを、ユウトは身をもって知っている。

「アキの言葉は信用ならないって、俺が一番わかってるんだけど」
「…それは…俺もわかってるんだけど…」
「わかってても、やめらんないの?」

ため息交じりに、ユウトがそう言う。
だけど、その表情はにこやかで、その先を期待しているようにも見えた。

ユウトが俺の膝の間に座りこむ。
俺はそれを包み込むように、後ろから腕を回した。

白いうなじは、もう目の前。
うっすらと生えているうぶ毛が、いつもよりいじらしく見える。

「アキが、どれだけ我慢できるか。やってみない?」

振り向いたユウトが、俺の手のひらをつかんだ。
ぎゅっと引っ張られた手のひらは、ユウトの股間の上にそっと置かれる。

好きにしていいから、って悪魔みたいな囁きが聞こえて、自分の置かれている状況を理解。
どういう風の吹き回しかは知らないけれど、俺は今、間違いなく誘われているのだ。

“据え膳食わぬは、男の恥”

そんな言葉が頭の中に浮かんで、思わずごくりと音をたてて唾を飲み込んだ。

「…その勝負、ぜひ乗らせてください」

俺は、誘われるままにユウトの体をまさぐりはじめた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9939Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7592Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6207Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4760Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4234Views

  6. 沈む、青い夕日

    まさを3960Views

  7. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3712Views

  8. 太陽と月

    みやび3521Views

  9. きれいなお兄さんは好きですか?

    京野飛鳥3263Views

  10. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3209Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)