外で初めてを奪いました

・作

ヤンキー風の格好をしているサボり魔だが頭のいい慶臣と、真面目な純也。いつものように校舎裏でサボっている慶臣のところに行く純也。そして、強引にキスをしてくる慶臣に腹が立ち、純也は慶臣を押し倒す。

大学の入学式、新入生代表で挨拶したのは俺だけではなかった。

「新入生代表、井上純也、佐伯慶臣(よしおみ)」

俺が初めて慶臣と顔を合わせたのは、このときが初めてだった。

俺と同じ首席で合格したその男は、入学式では普通の格好をしていたが、次の日に顔をあわせると、金髪にピアスという格好になっていた。

「俺さ、お前みたいな真面目君じゃないんだよねぇ~だけどさ、お前の顔は好みなんだ。確か純也だったよね?狙っていい?」

「佐伯、俺は男だぞ?からかうのはやめてくれ」

「大丈夫。俺、男も女も好きだから。だからマーキングしとこ!」

そういって、俺の頬にキスをしてきた。しかも、キャンパスの中で堂々とだ。

そして、俺はその日を境に慶臣と付き合っている首席カップルとして見られるようになった。

*****

その事件から2年後、俺たちは本当に恋人になっていた。

「おい、慶臣!また授業をさぼっただろ!単位落とされるぞ!」

「大丈夫だ。あの教授のテスト傾向はわかっているから出ても無駄だ。それより、純也こっちに来いよ」

しぶしぶ俺は慶臣の横に座った。さぼるときはいつも慶臣は校舎裏の階段で昼寝をしている。

「教授はお前の実力は買ってるんだ。それに、もうそろそろ卒業論文とかに取り掛からないとやばいぞ?」

「あぁ、就活もしないといけないしな」

「慶臣はどこに就職するつもりだ?」

「自衛隊の化学班」

また、難しいところに就職希望をしていると思った。本当にできるのかと心配していると慶臣は、俺の心を読んだかのように話を続けた。

「俺の今回の論文、これがさ、結構評価がいいんだよね~その論文が自衛隊の目にも入ったみたいなんだ」

しっかりと就職先も見つけてやがる。本当に抜かりがない。

「純也はどうなんだ?就活はうまくいきそうなのか?」

「当たり前だろ?俺を誰だと思っているんだ?俺は、お前みたいにサボり魔じゃないんだからな」

「じゃあ、落とす単位もないよな?」

慶臣はそういうと、俺を引き寄せキスをしてきた。

「んんっ…!!ここ学校だぞ!!」

俺は、慶臣から離れようとするが肩まで引き寄せられているので離れることができない。

「そういう真面目なところ、俺は好きだぜ?」

「…俺が、いつまでもおとなしくしていると思うなよ…」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9939Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7592Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6207Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4760Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4234Views

  6. 沈む、青い夕日

    まさを3960Views

  7. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3709Views

  8. 太陽と月

    みやび3521Views

  9. きれいなお兄さんは好きですか?

    京野飛鳥3260Views

  10. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3209Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)