還らぬキミよ

・作

レイは僕、カズの大切な友達だった。そして、付き合っている関係でもあった。けれど、一つだけ問題があった。レイは人じゃなくて、アンドロイドだった。僕たちの恋は許されず、レイは壊された。僕は知識をつけて、彼をもう一度作り上げたけれど――。

僕とレイが出会ったのは、僕が親の言いつけを聞かずにアンドロイドたちの居住区域に入ったことがきっかけだった。

この世界ではヒトとアンドロイドは区別されている。だから、普通は出会うことがなかった。

けれど、僕はアンドロイドについて知りたくてたまらなかった。

「君、は…?」

「…あっ、もしかしてアンドロイド?」

こくりとうなずく彼は、美しい造形という言葉が似合う、同い年くらいのロボットだった。

「えーと、えーと…そうだ!俺と友達になってくれよ!俺さ、アンドロイドのこと知りたい!だからお前のことを教えてほしいんだ!」

「…いい、けど。変わってるね、キミ」

「よく言われる!俺はカズ、よろしく!」

「…レイ」

こうして俺とレイは友達になった。

*****

俺はそれからというもの、レイの話が聞きたくてたまらなくて、しょっちゅうレイのところに遊びに行った。

「レイー!」

「あ、今日も来てくれたんだ」

いつもレイは俺が来てくれると嬉しそうにしてくれる。

それが嬉しかった。

徐々に僕は、彼という僕とは違う存在に惹かれていった。

心優しくて、穏やかな、レイ。

だから、告白した。

「好きだ」

レイは驚いていたけど、にこりと微笑んで、うなずいてくれた。

*****

けれど、それを世の中は許してくれなかった。

「管理番号Z140、通称レイ。人間をたぶらかしたお前を破壊する」

「やだ!やめてよ!レイ…っ!!」

彼はありがとうと一言告げて、スクラップになった。

それが彼の最期だった。

その後、俺は、無認可の研究施設に入り、研究と勉強の日々をつづけた。

全てはレイに帰ってきてもらうため。

そして、俺はもう一度レイを作り上げた。

「待っててね、これで、また会える」

けれど、再起動したレイは、昔みたいに優しい彼じゃなくて、まるでもぬけの殻の人形みたいだった。

「管理番号Z0140、開発者様、私は何をすればいいですか」

彼の問いかけに俺は何も答えず、俺は彼を押し倒した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3820Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2516Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音962Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音624Views

最近のコメント