誕生日は解禁日 (Page 3)

*****

結局なんとなく妄想していたような僕から誘うなんて高度な技術を駆使することはできず、樹くんが流れるように僕のことをベッドに誘ってくれた。

さすが樹くん…。
カッコいいだけじゃなくこういう流れに持っていく方法も完璧だ。

キスしながら、自然に樹くんの手が僕のシャツの中に入ってくる。
胸を撫でられて、それだけで興奮した。

乳首を摘まれて、指先で弾かれる。

「ぁあっ…ん、んんっ」

「乳首気持ちいい?」

「あ、…っうん、」

「舐めてもいい?」

「う、うん…」

なんか、聞かれるの恥ずかしいな…。
と思った間もなく乳首を口の中に含まれて、舌がめちゃくちゃに動かされる。

「ぁんっ!あ、あー!やぁ…ん、ん」

舐め方がとてつもなくエロい…!
樹くんは僕の乳首を舐めながら、いつの間にかスウェットのズボンを下ろしていてパンツ越しに僕のものを触ってくる。

「んっ…あ、あぁ…」

「千紘、気持ちいい?」

「ぅん…きもちぃ」

パンツ越しでも、樹くんの手の感覚がわかる。
しばらく擦られた後に、パンツを下ろされ直で握られる。

「あっあーっん…」

僕のものを樹くんがくちゅくちゅとしごく。
それを見ただけでもうどうにかなりそう…。
僕には刺激が強くて、頭がクラクラしてきた。

「千紘、可愛い…」

「あ、まって、樹くん…」

「待てないよ、もう一年も待った。千紘もしてほしかったんだよね?」

「そう、だけど…っあぁ、それ、やめてぇ」

「ホントにやめる?気持ちよさそうだけど」

「はぁっあ、あ、まって、出る、出ちゃうからっ」

「いいよ、出して、出すところ見せて…」

「はぁ、あ、あ、あーいくっいっちゃう、いくぅ!!」

樹くんの手の中で、お腹の方まで精液が飛ぶほど思いっきり吐精した。

「ん、はぁ…はぁ…は…」

「いっぱい出たね」

め、めちゃくちゃ恥ずかしい…
樹くん、慣れすぎじゃない…?

「い、樹くん…僕がしてほしかったって…知ってたの?」

「知ってたも何も…千紘がいっつもしてほしそうにしてるの見て、俺だって我慢してたんだよ」

「えっ」

「人の気も知らないですごい迫ってきて…」

そうだったんだ。
樹くんも、我慢してくれてたんだ。
そう思うと少し嬉しいような気持ちと、してほしかったのがバレていたのがなんか急に恥ずかしくなってきた…。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3133Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2232Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1429Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音546Views

最近のコメント