隣、あいてますよ!

・作

陽介とリョウは幼馴染み。奥手な陽介はリョウに背中を押されて初めての一人暮らしをはじめようと決意する。リョウのお隣に引越してきたのだが何やら部屋の様子がおかしい。リョウの部屋を訪れると、「やっとこの日が来たんだね…」と突然キングサイズのベッドに押し倒された!

 花田陽介もうすぐ26歳、生まれた時から両親と住んできたマンションを出て自立し、ついに一人暮らしの始まりだ。今まではなんでも両親に甘やかされてきた自覚はもちろんあったけど、なかなか自立するのにはきっかけがなく、25年間もお世話になってきた。きっかけをくれたのは、リョウ君だ。
 小久保涼は、同じマンションで生まれ育った同い年の幼馴染み。早生まれで子供の頃は小さかったのに、負けん気が強くていつも引っ込み思案な陽介を引っ張ってくれていた。中学の時にあっという間に背を抜かされて、みるみるイケメンに成長を遂げたのだった。
「性格よし、頭よし、愛想よしとき文句なしのイケメンなリョウ君の唯一の欠点があるとしたら、たぶん僕のことを構いすぎるところだろう」と思っていた。子供の頃は僕をお嫁さんにもらうんだと周囲の人達に豪語し、ファーストキスも奪っていった。
 思えばずっと僕の側を離れず過ごしてきた。ときに手を引っ張られ、いたずらにキスをされたり、たまにケンカもしたけど高校もずっと一緒だった。完璧すぎる幼馴染に憧れないはずもなく、ずっと自慢の親友だった。
 大学を出て就職をしてからは、お互い日々仕事に追われて忙しく、リョウが一人暮らしをはじめてからは、すれ違ってばかりだった。それでも時間が合えば互いの家でだべったり、たまに出かけたりと変わらない関係は続いていた。
 そんなある日、またいつものように陽介の部屋でゴロゴロとしていた時だった。
「よーちゃんもさ、もう26歳になるんだし、そろそろ実家出てもいいんじゃないの?」
 そんな一言がきっかけだった。
「うちの隣空いたよ?」というリョウの一言に、心配症の両親もリョウのお隣なら安心だと、あっという間に話はまとまった。
タオルや寝具はリョウの家に余っているのがあるらしいので、ひとまずお言葉に甘えることにした。後はもう身一つで行けばいいだけだ。下見もせず、すべてリョウ任せで手続きが済んでしまった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ゲイ エロエロ ほのぼの 切ない ノンケ 胸キュン 年の差 ちょいエロ 同級生 年下攻め リーマン 誘い受け 職業もの シリアス ドS 健気受け スーツ 社会人 調教 幼馴染み ツンデレ ファンタジー エロすぎ注意 ヤンデレ かなりえろい 鬼畜

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ4796Views

  2. 償い課~新任課長V字ハイレグ接待~

    雷音2762Views

  3. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音2653Views

  4. 隣人とふしだらな関係

    くま野2499Views

  5. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ2217Views

  6. 童貞聖騎士おじさん、シスターに抱かれて無事非処女デビュー

    noroko1814Views

  7. 僕は人魚姫にはなれない

    水海月1597Views

  8. わんことご主人の甘い生活

    皐月亭冥1439Views

  9. 調教カクテル

    アンノアンズ1022Views

  10. 初恋は女装男子

    水海月996Views

最近のコメント

  • セキ on 抵抗してみて?尊い
  • ヨシキ on 泡まみれ~新人ソープくんは優男ボーイに絆されて~素敵です!! 最初澪くんの切実さとコンプレックスが可愛いな…と思って拝見していたのですが玲さんの優しいこと…!🙏✨ 玲さんも澪くんにソープ嬢をさせること自体嫌だけど、せめて本番だけでも守るため…という気持ちからの研修なんですよね😂 一目惚れからそこまで守りきろうとする玲さんにときめきです…!❤️‍🔥 特に好きだったのが澪くんが必死のアピールをするために玲さんのお顔にその巨乳を押し付けたところです…!! 可愛すぎませんか…!!❤️‍🔥❤️‍🔥 この2人には幸せになってほしいです✨
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに そしてあおいをハヤトサン幸せにして〜
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに
  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる