幼馴染と官能バスタイム

・作

幼馴染の誠二(せいじ)と、南の島に旅行した幸人(ゆきと)。泊まったホテルの部屋には、オーシャンビューのバスルームがあった。一緒に入ろうと幸人が誘うと、何故か誠二の様子がおかしい。一緒に湯船に浸かっていると、突然、誠二が迫ってきて…!?

さっきから、右手が気になって仕方がない。

南の島へと向かう飛行機の中。

僕、宮本幸人は、隣の席で眠る北条誠二を見つめた。

いつもは凛々しい印象の誠二も、寝顔は穏やかであどけない。

そんな彼の左手が掴んでいるのは。

「誠二、手、離してよぉ…」

僕の右手だった。

声を掛けてもぴくりともしない。

十年以上の付き合いだけど、こんなに甘えんぼさんだったっけ。

さっき、CAさんが微笑ましそうに僕たちを見ていたなぁ…。

ああ、すっごく恥ずかしい。

僕は窓から青空を眺めて、何とか気を紛らわせようとした。

*****

僕と幼馴染の誠二は、二人きりで旅行することになった。

テレビで南の島の特集を観ていて、行きたいなと言ったら誘われたのだ。

同い年の僕たちは、小学校入学からの付き合いだ。

クールで何でもできる誠二に嫉妬することもあるけれど、二十歳の今でもいい友達関係を築いている。

誠二は寡黙だから誤解されがちだけど、とても優しい。

最近はグッとカッコよくなって、男同士なのにドキドキすることもあるくらい。

そんなわけで、今回の旅行もちょっと緊張してしまう。

まあ、深く考えずに、楽しんだらいいよね?

*****

「わぁ、誠二、景色が綺麗だね!」

ホテルの部屋に着いた僕は、はしゃいで窓辺に駆け寄った。

「幸人、ご機嫌だな。来てよかった」

目を細める誠二をよそに、客室をあれこれと見て回る。

バスルームのドアを開けて、驚いた。

「うわ、ここもすごい!オーシャンビューだ」

広い浴槽の向こうは、絶景だった。

壁の一面がガラス張りで、エメラルドグリーンの海が見渡せるようになっている。

「移動で疲れたよね。お風呂に入って、ひと休みしようよ」

背後にいた誠二を振り返ると。

「…それって、一緒にってことか?」

何故か誠二は、戸惑ったような表情を見せた。

「うん。お風呂広いし。あれ?嫌だった?」

子どものときのノリで誘ったけれど、一緒にお風呂に入るの、変だったかな?

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3826Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2523Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1995Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1907Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1703Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1208Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音972Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音628Views

最近のコメント