新入社員の恍惚ランチタイム

・作

新入社員の泉原拓真(いずみはらたくま)。ランチタイムに「関係者以外立ち入り禁止」の屋上に行った拓真は、そこで年上の男性・星崎直人(ほしざきなおと)と出会う。誰にも内緒で、二人きりのランチタイムを過ごすようになった拓真と直人。打ち解けたある日、直人が突然、拓真の股間を撫でてきて――!?

屋上に続くドアを開けると、目の前には開放的な空間が広がっていた。

「うわぁ、いい雰囲気!」

僕、泉原拓真は、辺りを見渡して歓声を上げた。

新卒で入社してから早数ヶ月。

今日のお弁当はデスクではなく外で食べようと思いつき、オフィスビルの屋上まで出てきたのだ。

初めて足を運んだ屋上は、小ぢんまりとしているものの、とても居心地がよさそうだった。

綺麗に清掃されていて、オフィス街を見渡せる場所にはベンチとテーブルが置いてある。

適度に配置された植栽の緑が目に優しい。

実はドアの前に、「関係者以外立ち入り禁止」の看板があったんだけど…。

鍵も開いていたし、僕も一応このビルに勤める会社員だし、いいよね?

「それにしても、誰もいないなぁ…」

ベンチに座り、手作りのお弁当を広げていると、誰かが屋上のドアを開けた。

「あれ?君は…」

僕の姿を認めると、首を傾げてこっちに歩いてくる。

30歳前後に見える知らない男性だった。

穏やかな眼差しが好印象な、クセなく整った顔立ち。

オーダーメイドっぽいスーツを隙なく着こなしていて、デキる男とはこういうことか、と思わせた。

男性は僕の傍までやってくると、かがんで視線を合わせてきた。

「君、ここに勝手に入っちゃいけないよ」

子どもに対するような優しい口調で注意されてしまい、僕は慌てた。

「あ、ごめんなさい!すぐに出ます!」

あたふたとお弁当を包み直す僕を見て、男性はクスクスと笑みを漏らした。

「何だか初々しいね。新入社員かな?」

「はい…」

「ここ、気に入った?」

僕は再度辺りを見渡すと、男性の目を見てしっかりと答えた。

「はい!ここにいると、職場での緊張がほぐれるようです。とっても気に入りました!」

「そうか、そうか」

男性は満足そうに何度か頷くと、僕の隣に腰掛けた。

「鍵を開けていた俺も悪いよね。実はね、このビルの屋上がこんなに素敵な空間になっているなんて、俺以外は誰も知らないんだよ。ここは俺専用の場所なんだ」

「えっ、そうなんですか?」

俺専用の場所って…この人、一体何者なんだろう…。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3820Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2516Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音962Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音627Views

最近のコメント