それは快楽の色彩

・作

仲村樹(なかむらいつき)は、「特別な存在」に憧れる大学生。ある日、樹はSNSで自分そっくりの人物画が評判になっているのを知る。作者は同じ大学に通う新堂斗真(しんどうとうま)だった。斗真は樹の素晴らしさを皆に伝えたいと言う。名声に釣られた樹は、ヌードモデルをすることになって…。

僕は「特別な存在」になりたかった。

他の誰とも違う、自分だけの個性が欲しかった。

有名になって、周りからチヤホヤされたかった。

けれど、僕は限りなく平凡で、何も持っていない。

僕は、そんな自分が嫌いだった。

*****

見知らぬ誰かの描いた絵が、いつもの大学生活を変えた。

「これ、お前に似てねぇ?」

昼休みの学生食堂で、友達がスマホの画面を見せてきた。

SNSで自作の絵を公開しているクリエイターのアカウントだった。

僕、仲村樹は、小さな画面に表示された絵に見入った。

それは、机に向かう一人の男性を描いたものだった。

鉛筆だけで仕上げたとは思えない、写真と見紛うようなリアルな描写だ。

「すごい上手いね、この絵」

「だな。めちゃくちゃバズってる。でも、作者のプロフィールは一切公開されてないんだ」

描かれた人物の横顔のラインやくりっとした瞳、ぽってりと厚い唇は、確かに自分に似ている気がする。

「他の絵も同じ奴を描いてるんだけど、全部お前っぽいんだよな」

友達はそう言って、次々と人物画を見せてきた。

並木道を歩く姿や、カフェでノートPCに向かう姿、はにかむような笑顔のアップ。

「うわっ、全部、僕だ…。服もPCも、実際に持ってるやつだし」

「な。作者は樹の知り合いじゃねぇの?」

「僕の周りに絵を描く人はいないけど」

そのときの僕の心中は、好奇心と気味悪さが半々だった。

「…作者に連絡、取ってみようかな。誰なのか気になるし、この絵のモデルが本当に僕なのか、確かめたい」

思い切って言うと、友達は目を輝かせた。

「おお。この謎を解き明かしてくれ」

盛り上がった僕たちは、SNSで作者にメッセージを送った。

*****

数日後。

僕はカフェで緊張しながら人を待っていた。

あの絵の作者に連絡を取ったところ、直接会って話をしたいとメッセージが返ってきたのだ。

一体、どんな人なのだろう。

そわそわしながら限定のカフェラテを飲んでいると。

「お待たせ」

肩越しに明るい声が掛けられた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3820Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2516Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音962Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音623Views

最近のコメント