それは快楽の色彩 (Page 4)

斗真君はベッドサイドのテーブルからスマホを手に取ると、何やら操作した。

「俺はずっと、君を見ていたよ」

そう言って、スマホの画面を見せる。

そこに表示されていたのは、僕の隠し撮り写真だった。

大学での僕だけでなく、家を出るところや、バイト先の居酒屋での写真もあった。

「…!」

驚いて声を出せないでいると、斗真君は眉をひそめて低い声で言った。

「最近の君は、よくないことをしているから、心配していたんだ」

スマホの画面に映し出された写真。

「あっ…!」

それは、僕がスーツ姿の若い男性とレストランで食事をしている写真だった。

バイト先で口説かれて、たまに会っている男性だった。

この人は僕をチヤホヤしてくれて、お金もくれる。

自分が価値ある存在になったような気がして、会うのをやめられなかった。

今は一緒に食事するだけの仲だけど、そろそろ身体を許さなきゃいけないのかと思っていた。

「その写真、消して…!」

僕が懇願すると、斗真君はゆっくりと頷いた。

「いいよ。俺も見てて嫌な気持ちになるしね。樹君、もう自分を安売りするのはやめなよ。君は俺にとって、『特別な存在』なんだ」

隠し撮りされて、襲われて。

斗真君は、かなり危険な人だ。

それなのに。

「…本当に…?」

彼に「特別な存在」だと言われて、泣きそうになっている自分がいる。

「もちろん。こうして二人が出会えたのは運命だよ。俺が君のすべてを愛してあげる」

その言葉に、僕の心は揺さぶられた。

「…僕のこと、いっぱい愛してほしい…」

つい本音を漏らすと、斗真君は微笑んで僕を抱き締めた。

「樹君、ずっと愛に飢えていたんだね。もう大丈夫だよ。俺が傍にいるから」

「うん…」

もう僕は、抵抗しなかった。

自分より大きな背中を抱き締め返すと、うっとりと息を吐く音が聞こえた。

「嬉しいよ、樹君」

斗真君は体を離すと、眼鏡を外してサイドテーブルに置いた。

直接見る斗真君の眼差しは熱くて、真っすぐに僕を射貫く。

斗真君が服を脱ぐと、意外とがっしりした肉体が姿を現した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2232Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント