それは快楽の色彩 (Page 3)

斗真君は僕の手を取ると、熱っぽく話し出した。

「ぜひ、樹君を俺のSNSで紹介したい。君の素晴らしさを、皆に知ってもらいたいんだ。そのためにも、樹君にモデルになってもらって、真剣に君の絵を描いてみたい。…どうかな?」

僕が「特別な存在」になれる?

それは抗えない誘いだった。

「わかった。斗真君のモデルになるよ」

僕はしっかりと頷いた。

*****

斗真君の部屋で、僕は上半身裸になっていた。

「今までにない樹君の絵を描いてみたい」と言われたからだ。

知り合ったばかりの相手に素肌を晒すのは、正直恥ずかしかった。

「本当に、僕の裸を描きたいの…?こんな貧相な身体だけど」

斗真君は目を細めて、僕の上半身に視線を巡らす。

「美しい身体じゃないか。ほら、下も脱いで」

「…うん」

言われるままに、僕は履いていたデニムを下着ごと下ろした。

全裸になった僕をベッドに横たえさせてから、斗真君はスケッチブックに鉛筆を走らせた。

僕を見る斗真君の目はぎらぎらしていて、その舐めるような視線に全身がゾクゾクした。

局部をじっと見つめられて、息が詰まりそうになる。

けれど、僕は逃げなかった。

もうすぐで、僕は有名になれる。

そう思うと、自分が物語の主人公になったようで、気分が高揚した。

「樹君」

ふいに、斗真君が僕の名前を呼んだ。

おもむろに立ち上がると、僕の元にやって来る。

「斗真君?」

「今描いてる絵には、色を塗るつもりなんだ。質感の参考にしたいから、肌を触らせてもらえないかな」

「えっ…」

僕の返事を待たずに、斗真君が僕にのしかかってくる。

「やっ、何を…」

斗真君は息を荒くして、両手で僕の上半身を撫でた。

「想像通り、滑らかだ…。綺麗だよ、樹君」

その手つきはねっとりといやらしくて、僕は怖くなって身をよじらせた。

「嫌だっ!やめて、斗真君!」

斗真君は手を止めると、潤んだ瞳で僕の顔を覗き込んだ。

「樹君、俺は君のすべてを知りたい」

「そんなこと言われても…ダメだよ…」

戸惑う僕の髪を、斗真君は優しく撫でた。

「怖がらないで。俺、実は君のことが好きなんだ」

突然の告白に、僕は目を見開いた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2232Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント