それは快楽の色彩 (Page 2)

振り向くと、一人の男性が穏やかな笑みを浮かべて僕を見つめていた。

20歳の僕より少し年上だろうか。

ゆるくパーマを掛けた茶髪に、丸いフレームの眼鏡がオシャレな印象だ。

長身にトラッドな服装がよく似合っていて、いかにも人の輪の中心にいそうな、人気者っぽい雰囲気を身に纏っていた。

「えっと、あなたが、あの絵の作者さんですか?」

おずおずと問い掛けると、男性は自身の笑みを深くした。

「そうだよ。俺は新堂斗真。学部は違うけど、君と同じ大学だよ」

「えっ!」

それは知らなかった。

新堂さんは隣に座ると、僕と同じカフェラテに口を付けた。

「君は、仲村樹君だね。文学部の二年」

「はい…。あの、新堂さんは…」

「同い年だから、敬語じゃなくていいよ。俺のことも名前で呼んで」

こんな大人びた見た目なのに、同い年だったとは。

気さくなノリに、僕の緊張もほぐれた。

「わかった。斗真君は、僕のことを知ってたの?あの絵のモデルは、僕?」

「そうだよ。数ヶ月前に見掛けてから、目で追うようになったんだ。趣味で描いてた絵のモデルにぴったりだって思って。勝手に描いて悪かったね」

すまなそうに言われて、僕は首を横に振った。

「ううん。最初はちょっと怖かったけど、斗真君がいい人そうってわかったから、大丈夫だよ」

斗真君は優しく微笑むと、じっと僕を見つめた。

「連絡をくれて嬉しいよ。樹君の絵をアップしてから、SNSで人気が出るようになったんだ。君のおかげだね」

はっきりとした口調で言われて、ちょっと照れる。

「そんな、僕なんか、どこにでもいる平凡な人間だよ。斗真君の方がカッコいいし、明るいし、絵も上手いし、何でも持ってるよ」

それは本音だった。

僕は斗真君のことが、本気で羨ましかったのだ。

「何を言ってるんだ。樹君には、樹君にしかない魅力があるよ」

「えっ」

そんなことを言われたのは初めてで、ドキッとした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2232Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント