メインディッシュはとろけるカラダ

・作

可愛いお菓子を作るのが趣味の真琴(まこと)。周りにはずっと秘密にしていたが、同じ大学に通う友達・朝陽(あさひ)にバレてしまう。作ったお菓子を絶賛してくれた朝陽に、真琴は誕生日ケーキをプレゼントすることに。しかし、朝陽が本当に食べたいものは、ケーキではなく真琴のカラダで…!?

僕、早野真琴には秘密がある。

「よし、完成!」

テーブルに並べられたクッキーを見て、僕はふぅっと息を吐いた。

クマの形をしたクッキーには、一つひとつ砂糖を使ったペーストで顔や模様が描かれている。

カラフルで愛らしい仕上がりに、自然と顔が綻んだ。

「うん、よくできた。さーて、写真を撮らないと」

レース模様のお皿を出してきて、その上にクッキーを配置する。

スマホのカメラを向けて、バランスよく見える構図を探した。

見ての通り、僕の秘密は「可愛いお菓子を作るのが趣味」だということだ。

甘いお菓子を華やかにデコレーションするのは、とても楽しい。

SNSに完成品の写真を上げていて、嬉しいことに評判も上々だ。

けれど。

「今回も作りすぎちゃったなぁ…。一人でこんなに食べきれるかな…」

大量のクマを眺めて、僕は思わず苦笑した。

僕が可愛いお菓子を作ることは、周りの人には話していない。

女々しい奴だと思われそうで、恥ずかしい気持ちがあった。

だからずっと、一人でこっそり作っていたんだけど…。

*****

「本当に悪いな、真琴。今度奢る」

大学からの帰り道。

僕の部屋の前で、友達の福山朝陽が手を合わせた。

急なバイトで講義を休んだ朝陽に、ノートを貸すことになったのだ。

「気にしないで。じゃあ、持ってくるからそこで待っててね」

部屋に入ろうとした僕を、朝陽が呼び止めた。

「真琴の部屋、久々に来たから寄ってもいいか?」

気軽にそう言って、僕の返事を待たずに玄関に入ってくる。

「えっ、あ、散らかってるから…」

慌てる僕に気付かずに、朝陽はワンルームの部屋に上がり込んだ。

「全然散らかってないじゃん。…ん?」

そして、ローテーブルの上に置いてあった、クマのクッキーが載ったお皿に目を留めた。

「うわぁぁ!」

やってしまった!

今日、朝陽が来るなんて思ってなかったから、出しっぱなしにしてた!

「…これ、真琴が作ったのか?」

朝陽の問い掛けに、恥ずかしい気持ちでコクンと頷くと。

「へぇ、すげぇな!店で売ってるやつみたいじゃん」

意外にも称賛の言葉をもらったので、僕は驚いて朝陽の顔を見た。

「え…すごいかな、これ?」

「すげぇよ。真琴にこんな才能があったんだな。俺、不器用だから、こういうの作れるの羨ましいよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3618Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1679Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1033Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント