運命の相手に、負けたくないから (Page 3)

「そうかも。話には聞いてたけど、マジで強制的に発情すんのな。…それで…オレとお終いになるって思った?」

なぜか、レンのその笑顔に無性に腹が立ってしまった。

「そうだよ!なんで僕が焦らないと思うの?!普段は抑制剤飲んでるから他人のフェロモンなんか平気~って言ってる君が!あんなに発情して、いつもより硬くして大っきくしてて、捨てられるかもって不安になってもおかしくないでしょ?!」

まくしたてる僕に、レンはポカーンとしていた。

理不尽を言っている自覚はあるけれど、もう口から出てしまったものは仕方ない。

「僕とエッチするときよりも興奮してるのがわかって、悔しくて仕方なかった!だいたい、運命の番は惹かれ合うんだから、捨てられたらどうしようって思うの、変じゃないでしょ!!」

逆ギレしてるのもわかってるし、情けなくて悲しくて、壊れた蛇口みたいに涙が出て、おまけに吐きそうだ。

レンは、僕を強引に抱きしめた。

「ん…っ」

「オレはさ…あの人が運命の相手だとしても、抗いてぇよ。運命だから番ってくれって言われても、嫌だよ」

「…ほんとに?」

「だから、さっきもやめてくれって言ったんだよ。ほかの男のニオイで興奮した体で、…昌樹のこと抱きたくなくて」

レンの言葉に、きゅんっと身体が疼いた。

そんなに想われているなんて、嬉しくてたまらなかった。

「…じゃあ…、じゃあさ、今は?僕で興奮できる…?」

「できるけど…、ヤるのは無理だぞ。お前がメチャクチャやったから、痛くてできねえ」

「…そっか…ごめん…」

しょげる僕を見て、レンは大きなため息をついた。

「そんな物欲しそうなエロい顔してこっちみてんなよ」

「…だって…欲しいんだもん…」

「だもん、じゃねえよ…、っとに…」

僕の方へすり寄ってきたレンは軽々と僕の身体を抱えて、向かい合わせで腿の上に座らせてきた。

「な…なに…?」

「指でイカせてやるから、満足するまでイキまくれよ?」

 
「えっ…!」

思わず、期待した声を上げてしまった。

僕の反応を見て、レンは笑っている。

「…仕方ないじゃん…レンにしてもらうと、溶けちゃうくらい気持ちいいんだから…」
 

「じゃあ、いっぱい溶けてもらおうかね」

「…うん、いっぱいして…」

レンが、僕にキスをくれた。

嬉しくて嬉しくて、それに応えながら、僕は腰をレンに擦り付ける。

「お願い…レン…いっぱいして…」

僕のおねだりに、レンはニコッと笑って、

「さっきのお返しだからな」

と、僕の後ろに手を伸ばした。

不安だったけれど、レンは僕を捨てたりしないと言ってくれたし、おねだりのかいもあって、僕は気を失うほどレンにイカせて貰った。

Fin.

この作品が良かったら「いいね!」しよう

1

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3632Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1684Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1661Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音734Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント