例え過去がなくとも

・作

長瀬陽と岡山忍は高校生の頃からの恋人同士で、付き合って10周年を迎えようとしていた。記念に陽の家でパーティーをしようと予定をたてていたが、いつまで待っても忍は来ない。連絡も繋がらず、困り果てていた陽の元に衝撃の連絡がくる。

俺、長瀬陽は現役のサラリーマン、高校の頃から同級生であった岡山忍と付き合っている。

今日は付き合って10年を迎えるため、俺の家でパーティーをしようということになっていた。
俺はパーティーの準備のために仕事が終わったあとにデパートに寄り、さまざまなパーティー用品を買いそろえた。
物の少ない殺風景な男の部屋を飾り付けて、一人、部屋でわくわくしながら忍を待っていた。

だが、時間になっても忍は来ない。
連絡しても繋がらず、途方に暮れている時、忍の両親から連絡がきた。

「あっはい、長瀬です、お久しぶりです!それで何か…え?忍が…?」

手元にあったスマートフォンが落ちる音がまるでガラスの割れる音のように聞こえた。
気づいた時には俺は家を飛び出していた。
信じられない、信じたくなかったのだ。
忍が事故にあったなんて。

*****

病院に着いたとき、忍の両親が既にいた。

「忍のお父さん、お母さん!忍は…!」

そう聞くと二人は無言で手術室の方へ視線を向ける。
忍の母は堪らず泣きだしてしまい、忍の父がこちらを見る。

「陽くん、あの子の無事を祈ってくれ、あの子なら大丈夫だと」

そう言われて俺は頷く。
頼む神様、忍の命を奪わないでくれと願った。
俺と忍の両親が無言で手術室の前の椅子に座る。
明日の仕事は休んだ、手がつくとは思えなかったのもあるが、単純に目を覚ましたときに傍にいたいと思ったからだ。
手術は成功し、一命はとりとめたものの、忍がしばらく目を覚ますことはなかった。
仕方なく帰ると、飾り付けた部屋が寂しげにみえた。

*****

あれから一週間が経ち、俺は仕事の後、毎日忍の見舞いに行くのが普通となっていたある日のことだった。
忍が目を覚ましたとの連絡を彼の両親からもらったのだ。
俺は仕事を早退し、すぐさま忍のもとへ向かった。
病院に着き、彼の両親に出迎えられる。
忍の母は嬉しさのあまり涙を流しており、よく泣く人だと思うと同時に彼の無事を裏付けて安心した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ゲイ ほのぼの エロエロ 切ない ノンケ 胸キュン ちょいエロ 年の差 同級生 年下攻め リーマン 職業もの 誘い受け シリアス スーツ ドS 健気受け 社会人 調教 幼馴染み ツンデレ ファンタジー エロすぎ注意 かなりえろい ヤンデレ 鬼畜

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 配達員は淫乱双子に惑わされて

    雷音4944Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3416Views

  3. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音3165Views

  4. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ2835Views

  5. 初恋アバンチュール

    花園ミツ2205Views

  6. 初体験は玩具でした

    なないろ1941Views

  7. 満月の夜、秘密のお散歩

    皐月亭冥1931Views

  8. おじさんたちは今日もらぶらぶ

    noroko1658Views

  9. 陰キャな部下は隠れビッチ!今日も俺の下で欲しがっている

    なないろ1442Views

  10. 加害者屈服~ペニバンに堕ちた犬

    雷音1415Views

最近のコメント

  • セキ on 抵抗してみて?尊い
  • ヨシキ on 泡まみれ~新人ソープくんは優男ボーイに絆されて~素敵です!! 最初澪くんの切実さとコンプレックスが可愛いな…と思って拝見していたのですが玲さんの優しいこと…!🙏✨ 玲さんも澪くんにソープ嬢をさせること自体嫌だけど、せめて本番だけでも守るため…という気持ちからの研修なんですよね😂 一目惚れからそこまで守りきろうとする玲さんにときめきです…!❤️‍🔥 特に好きだったのが澪くんが必死のアピールをするために玲さんのお顔にその巨乳を押し付けたところです…!! 可愛すぎませんか…!!❤️‍🔥❤️‍🔥 この2人には幸せになってほしいです✨
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに そしてあおいをハヤトサン幸せにして〜
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに
  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる