僕の年上彼氏はわんこプレイがお好みです。

・作

ハロウィンの日、あっくんこと晃大くんは狼男の仮装をして、年上彼氏である健一郎さんの家に向かった。狼男の仮装を見てほしいのに、犬…しかもわんこと言われて不本意なあっくん。もちろんそのつもりだったけど、仮装に興奮した健一郎さんにいつもと違うプレイを迫られて…?

「あっくん!その格好で家まできたのか!?」

 十月三十一日、僕は年上の恋人、 健一郎さん宅のインターホンを鳴らした。

「へへっ、健一郎さんに見せたくて。これで来ちゃいました」

 玄関先の誰かが見てるかもしれない場所で、くるっと一周して仮装している姿を見せた。

「で、あっくんは犬…犬…いやわんこ」

 えっ!? 犬じゃないし! しかもなんでわんこって言い直してるの!
 
「わっ、わんこじゃないですっ!狼男です!」

 耳としっぽ以外にもちゃんと、狼男っぽい服装してるのにっ。

「狼男だったのか、ごめん! 可愛すぎて、わんこかと」

 笑いながら、僕の頭についている耳を触るとそのまま撫でてくれた。頬も擦られて顔が冷たいことに気づいた健一郎さんが、中に入ろうかと促した。

「しっぽまでついてる! かわいすぎるじゃないかっ…! あっいや、どうやってついてるんだ?しっぽ」

 リビングに入るなり、いきなり興奮したり冷静になったり、大丈夫かな健一郎さん。

「狼男の服なんでズボンについてるんです。取り外しも出来ますよー」

 尻尾を外そうとしたら「つけておこうか!」と大きな声で言われてびっくりする。

「あ、でもソファ座りにくいし、取りたいんですけど」

「そうか…じゃあ仕方ないね…」

 あからさまに寂しそうな目をこちらに向ける。はぁ、と大きくため息をついたと思ったら、すかさずスマホのシャッター音が鳴った。
 
 「す、すばやい」

「写真に収めておくから、取っていいよ…。あっ耳だけはぁっ! つけておいてくれっ!」

「はっ、はい」

 健一郎さんの圧がすごいので、耳はつけておくことになった。そのままソファに座っている僕の隣に座って、ちらちらと何度もこっちを見てくる。

「あ、あの、ちらちら見られるの気になるんで、見るんならじっと見てください」

 見てくださいって言うのも変だけど、まだそっちの方が気にならないはずなので、そう言ってみた。

「かっ…」

「か?」

「かわいすぎる!!」

「はっ、はい…」

 僕より二十歳年上なので、興奮されると血圧大丈夫かな、とか心配になってしまう。とりあえず小さな声で「ありがとうございます」と言うと、犬耳を撫でてきた。その耳から頭を撫でられて、今度は僕の耳をそっと指が伝う。

「可愛いね、あっくん」

 さっきの興奮した声とは違って今度は艶っぽく囁かれる。僕はそれに反応して、耳を撫でる手に頬をすり寄せて、腕を健一郎さんの腰に巻き付けた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2231Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント