愛してくれたらいい (Page 2)

重い足取りで颯の部屋の前に立つ。ノックするとすぐ返事がありドアを開ける。

「颯…」

颯の部屋は家具以外の物をほとんど新居に移している。

元から物を持たない性分だから、変わり映えがなく、もうこの部屋で過ごさないというのが嘘のようだった。

なにを話せばいいか思い浮かばず、湊は学習机にあった写真たてを見つめた。

持って行かないのか。

写真には小学生の颯と湊が写っていた。

湊の入学式の日、おそろいのランドセルを背負って校門で撮ってもらった写真だ。

その日二人っきりの子供部屋で初めてキスをした。

キスの意味もよく分からなかった頃だ。

颯は「俺のこと好きだってもう言ったら駄目だよ。大人になるんだ」と言った。

「でも好きだよ?」

「二人っきりならいいんだ」

「母さんと父さんにも?」

「うん言ったらダメ。二人だけの秘密だ」

颯は同性愛が一般的に受け入れられない事と、どこかのタイミングでか察したようだった。

思い出した。子供の微笑ましい戯れで終わせなかったのは颯のほうだ。

「湊わかってる」

「…最後なのか?」

ベッドに腰かけている颯にやっと問いかける。

この部屋に残った颯の匂いもいずれ薄まり消えていくのか。胸が締めつけられる。

「おいで」

両手を広げ招く颯の胸に湊は飛び込んだ。

強く抱きしめあい、身長差がない二人はぱちんと視線が合う。唇を合わせた。

何度も角度を変え貪る。溢れる唾液を飲み込んで、一瞬も離れたくないと呼吸を分け合う。

自宅でする時は見つからないよう声を殺した。

初めて肌を重ねた日は両親が不在の時間を狙った。

けど、段々と見つかってしまう恐怖心がスパイスになり、両親がいても肌を重ねるようになった。

足音を耳にするたび、中にいる颯がびくびくと震えるのがたまらなく愛おしかった。

どちらが挿入するかは、その日の気分で変わっていた。

湊は颯を抱くたび肌に吸いつく体温を強く感じ、抱かれるたび颯のいじらしさを感じた。

どちらともなくキスをしながら服の下へ手を滑り込ませ、知り尽くした身体を愛撫する。

湊は颯をベッドに押し倒し、熱が集まり始めた股間を擦りつける。

二人は服を脱ぎ、全裸になった。

興奮し膨れ上がった中心には触れず、肌を合わせる。

触れ合った場所から、体温が上昇していくようだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2017Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん599Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント