理由もなくもうセックスしないってどういうこと?!

・作

風雅(ふうが)は突然恋人の祐樹(ゆうき)に「もうお前のこと抱かないから」と宣言されてしまう。理由を問いただすが答えてくれない。ただ別れたいわけではないと。触れることさえしなくなった恋人に風雅は「こうなったら浮気してやる!」と酔った勢いで家をとびだした。

行ってきますのキスに、ただいまのキス。

新婚のようなラブラブなやりとりが止められない。

飽きもせず「行ってらっしゃいのキス」とともに送り出した恋人の祐樹は、その日「おかえりのキス」を拒んだ。

まるで触られたくないと突き出された腕に、自然と距離が生まれる。

「え?」

「疲れた、風呂は?」

「沸いてるけど…」

「先に入るわ」

「う、うん」

カバンを反射的に受け取る。

気分じゃなかっただけだろう。

その時は深く考えていなかった。

いつものように取り留めのない会話をして、夜になりベッドに横になる。

ベッドは二人で寝転んでも余るくらい広い。

自然と脚を絡ませ顔を寄せる。唇に触れる寸前、手のひらに遮られた。

「っ!帰ってきてからなに?!祐樹、ずっと変だよ」

「変じゃないだろ」

「変だって!俺なんかした?」

飛び起きて上半身を起こす。祐樹は手に持ったスマホを見ていた。

その姿が更に怒りを増長させる。

「お前のこともう抱かないから」

「へ」

一方的に会話は終わりというように祐樹は布団を被った。

「…別れるってこと?」

「別れない」

「え、あ、そうなの?」

愛想をつかれたのかと思った風雅は、安心していいのか正直戸惑った。

幼馴染である祐樹とは小さな頃から遊んでいた。

進路で高校から離れてしまったが、連絡は取り合っていた。

就職先が偶然同じ区画にあり、この際だからシェアハウスをしようと話を持ち掛けた時、まさか恋人になれるなんて思ってもいなかった。

昔から祐樹に向ける感情が恋愛感情だとうすうす自覚してはいた。

祐樹を抱く夢を見て下着を汚した時、罪悪感よりやっぱりそういう意味で好きなんだと納得したものだ。

まあ、実際抱かれるのは風雅の方だったけど。

「…別れないって、ここにいていいんだよね」

「ああ」

「ただ俺に触りたくないってだけ?」

これまでの毎日がまざまざと目に浮かぶ。喧嘩することもあったけど楽しい日々だった。

「うるさい。明日も早いんだ眠らせろ」

顔を見ようとさえしない、くぐもった声は本気で迷惑そうで、風雅はそれ以上なにもいえなかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3633Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント